国内旅行

【体験】とどろきアリーナは川崎のバスケもグルメも満喫できるスポットだった(座席動画付き)

「とどろきアリーナ」でバスケ観戦するとどんな感じかな?子連れでも大丈夫かな?

とどろきアリーナでバスケ観戦を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること

「とどろきアリーナ」でバスケ観戦する際の様子

実際に「とどろきアリーナ」でバスケ観戦してきた経験をベースに書いています。

  • とどろきアリーナ バスケ 基本情報
  • とどろきアリーナ バスケ スタンド
  • とどろきアリーナ バスケ フード

についてまとめました。

とどろきアリーナは中央モニターやリング集音マイクなどなど「バスケ観戦」に愛を感じるアリーナでした!

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

とどろきアリーナ バスケ アクセス

とどろきアリーナ」は川崎市内にある総合体育館施設です。

徒歩の場合、JR南武線武蔵中原駅から約15分、武蔵小杉駅からは約25分の距離です。

徒歩だと結構遠いので、駅からバス利用がオススメです。

バスの場合、武蔵中原駅から約8分、武蔵小杉駅北口から約7分、溝ノ口駅から約20分です。

利用バス会社により「下車駅」が変わるのでご注意ください。(詳細はこちら

  • 「川崎市バス」を利用する場合、「とどろきアリーナ前」
  • 「東急バス」を利用する場合、「市営等々力グラウンド入口」※下車後徒歩5分

「とどろきアリーナ」と「川崎フロンターレ」の本拠地「等々力競技場」は目と鼻の先です。

バス停が見つからない場合は「フロンターレの行先案内目印」も探してみてください。

溝ノ口駅のバスターミナルには「等々力競技場」が大きく表示されていました。

駐輪場があるので、自転車での訪問もできます。

近辺にサイクリングロードもあるのでサイクリングと組み合わせても良いかも知れません。

以下、内部の様子となります。

とどろきアリーナ バスケ ブレイブサンダース

とどろきアリーナはプロバスケットボール・Bリーグ「川崎ブレイブサンダース」の本拠地です。

Bリーグの試合開催日にはとどろきアリーナ内はバスケ一色となります。

川崎ブレイブサンダースの選手達の大型横断幕が壁一面に貼られており、迫力満点でした。

観戦した試合にはバスケ日本代表の選手も出場しており、ダンクなども間近で楽しめました。

とどろきアリーナはバスケはもちろん、「川崎ブレイブサンダース」を満喫できるスポットです。

とどろきアリーナ バスケ 座席

とどろきアリーナは「バスケ観戦を楽しむ仕掛け」が色々と用意されています。

まず、とどろきアリーナは「四方から視認しやすい中央モニター」が特徴です。

中央モニターには「リプレー映像」や「バスケのルール」が表示され、バスケ初心者の方も楽しめるコンテンツが放映されます。

音響設備も充実しており、集音マイクで拾った「リング音・ネット音」が臨場感を演出します。

座席は「フロア席」と「二階席」が用意されています。

チケット価格は「二階席」の方が「フロア席」より手頃になっています。

  • フロア席は「間近でバスケの迫力を体感したい方向け」
  • 二階席は「気軽にバスケの試合や雰囲気を楽しみたい方向け」

だと感じました。

とどろきアリーナは常に何かしらの演出があり、どちらの席でも雰囲気は楽しめます。

とどろきアリーナ バスケ 二階席

とどろきアリーナでバスケ観戦する際、二階席からは全体を俯瞰して試合を楽しめます。

とどろきアリーナの二階席は「プラスチック製」の座席となっています。

サイズは問題ないのですが、観戦する際は「少し見下ろす形」になるので少し首が疲れます。

二階席上段には「手すり」が死角になる座席もあるようでした。

とどろきアリーナの二階席はぐるっと一周できる構造なので、試合前に一周歩いてみました。

もしよろしければ「座席選び」の参考にしてみてください。

とどろきアリーナ バスケ フード

とどろきアリーナでバスケ試合開催時は「川崎フード」が色々楽しめます。

川崎にある焼肉屋さん「川崎ホルモン劇場」とブレイブサンダースのコラボフードがありました。

その名も「名物タンメンチ」という、メンチカツサンドでした。

焼肉屋さんが作った「サンドイッチ」は絶品でした。パン生地もフワフワなので子供も喜んでいました!

神奈川の老舗「堂本製菓」とブレイブサンダースのコラボフードもあります。

ブレイブサンダースのオリジナルポテトチップスもありました。

「うまみ唐辛子」と「コンソメバター」があり、両方とも楽しめました。

また、オリジナルカードが付いているのでブースターには嬉しい特典となっています。

とどろきアリーナでバスケの試合開催時には屋外に屋台が出ています。

屋台では「焼きそば」とブレイブサンダースのコラボフードが販売されていました。

また、川崎を飛び出して「湘南ローストビーフ丼」も販売していました。

味はもちろん、ボリューム満点で大満足の一品でした!

バスケだけでなく、川崎はもちろん「神奈川県のフード」を満喫できるスポットでした。

とどろきアリーナ バスケ まとめ

ここまで「とどろきアリーナ」でのバスケ観戦についてまとめてきました。

  • とどろきアリーナはバスケ「川崎ブレイブサンダース」の本拠地
  • とどろきアリーナへは各駅からバスでのアクセスの方が楽
  • とどろきアリーナは「川崎フード」が充実しているのでグルメも楽しめる

とどろきアリーナはバスケの試合はもちろん、川崎フードも満喫できるスポットでした。

試合中はもちろん、前後の時間も映像や音楽で絶えず演出があるので飽きずに楽しめました!

大人から子供まで幅広い年代で楽しめるプレイスポットだと思います。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

同じ神奈川県にある横浜ビー・コルセアーズの本拠地レポートはこちら。

【体験】横浜国際プールは飛び込み台の真横でバスケ観戦ができる不思議スポットだった(座席動画あり)

続きを見る

近辺のサイクリングルートはこちら。

神奈川県のサイクリングロードをつなげて「神奈川の桜」を探してきた

続きを見る

東京のんびり自然を満喫サイクリング!多摩川支流・三沢川の源流まで行ってきた(ルート付き)

続きを見る

多摩川の支流『野川サイクリングロード』をのんびりサイクリングして飛行機を見てきた【ルート付き】

続きを見る

スポンサーリンク

-国内旅行

error: Content is protected !!

© 2021 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5