国内旅行

【宿泊】オリエンタルホテル東京ベイは子連れディズニー観光にオススメ

「オリエンタルホテル東京ベイ」はどんな感じのホテルかな?

「ディズニー観光用ホテル」を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること

「オリエンタルホテル東京ベイ」の様子

実際に「オリエンタルホテル東京ベイ」に宿泊した経験をベースに書いています。

  • オリエンタルホテル東京ベイ 基本情報
  • オリエンタルホテル東京ベイ 部屋(キディスイート)
  • オリエンタルホテル東京ベイ 設備情報

についてまとめました。

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

オリエンタルホテル東京ベイ アクセス

オリエンタルホテル東京ベイ」はJR京葉線「新浦安駅」直通の立地です。

改札手前に電光掲示が出ているので迷わず「北口」へ向かいます。

今回は雨が降っていたのですが「屋根付きの歩道」でホテルまで濡れずに行くことができました。

項目 詳細
食事 朝食付
風呂
  • 室内風呂
その他設備
  • 無料Wi-fi
  • レストラン
  • コンビニ
  • 自動販売機
  • プリンター
  • 電子レンジ

接客
満足度
立地

JR京葉線「新浦安駅」直通

宿泊費(参考) 5,200円 / 泊

キディスイート利用

※宿泊当時の実費です。

ネット予約 Agodaで部屋を確認する>>

Expediaで部屋を確認する>>

楽天トラベルで部屋を確認する>>

以下、宿泊した時の詳細となります。

オリエンタルホテル東京ベイ 東京ディズニー

「オリエンタルホテル東京ベイ」は東京ディズニーリゾートのパートナーホテルです。

エントランスを入ると季節ごとの飾り付けがお出迎えしてくれました。

パートナーホテルのため、東京ディズニーリゾートへの直行バスが一日中発着しています。

利用したバスは「ノンステップバス」だったのでキャリーバックを持った方や子連れのベビーカーの方も乗降しやすそうでした。

乗車時間は下記の通りです。

  • 東京ディズニーランドまで約10分
  • 東京ディズニーシーまで約15分

発着本数も多く、10時台は全員着席できる人数だったため快適に利用できました。

オリエンタルホテル東京ベイ チェックイン

「オリエンタルホテル東京ベイ」は2Fにチェックインカウンターがあります。

チェックインカウンター前には特徴的なオブジェがあり、腰を下ろしてゆっくりできます。

壁にプロジェクションマッピングが投影されており、人の動作に反応する仕掛けとなっています。

子供が大はしゃぎでしばらく離れようとしないので大変でしたw

床は柔らかいカーペットになっているので転んでも安心です。

チェックインの待ち時間を過ごすにはもってこいのスポットでした。

オリエンタルホテル東京ベイはチェックイン前後の「荷物預かり」にも対応しています。

チェックインカウンターのすぐ横にセルフのダイヤル式ロッカーがある部屋があります。

ロッカー数も多く、ロッカー下にキャリーケースを格納するスペースもあるので便利でした!

部屋に入るには「専用バーコード」が必要です。

近くのスタッフの方に「荷物を預けたい旨」を申し出て発行してもらってください。

オリエンタルホテル東京ベイ ラウンジ

「オリエンタルホテル東京ベイ」は結婚式場が併設されているホテルです。

2Fには立派なチャペルがあり、見学することもできました。

チャペルの正面にはラウンジがあり、宿泊者限定で利用できます。

天井が高く、背の高い木々も相まってとても開放的な雰囲気のラウンジでした。

コーヒーやジュースなどが無料で楽しめます。

また、有料でペットボトル飲料やアルコール飲料も置いてありました。

特徴的だったのは「綿菓子コーナー」です。

小さいお子さん達が大興奮で綿菓子を作っていました!

子供だけでなく、大人達も「懐かしい」と言いながら楽しんでいるのが印象的でした。

夏祭りで露天のおじさんになったつもりで作ってみました。

思ったより難しくて、家族でワイワイ盛り上がりました。

ぜひ訪問する機会があれば童心にかえってチャレンジしてみてください。

オリエンタルホテル東京ベイ 子連れ専用デスク

「オリエンタルホテル東京ベイ」は子連れでも安心して宿泊できるホテルです。

下記、子連れ向けのスイートルームが準備されています。

  • ベビーズスイート(未就学児向け)
  • キディスイート(幼児向け)

加えて「MaMa‘s Desk(子連れ専門デスク)」も用意する力の入れようでした。

今回はキディスイートの「エクレール」を予約して、宿泊しました。

以下、宿泊した部屋の詳細となります。

オリエンタルホテル東京ベイ キディスイート

「オリエンタルホテル東京ベイ」はキッズ用のスイートルームがあります。

今回お世話になった「エクレール」は子連れの宿泊客に嬉しい部屋の設計となっていました。

「最上階フロア」にあるお部屋だったので眺望も楽しむことができます。

ベッドは「大人が優に3人横になれる大きさ」のローベットとなっています。

子供が高所から落ちる危険性がないので安心感があります。

フロアはコルクマットになっているので飛び跳ねても音が響かないように工夫されています。

「ベッドガード」も事前依頼できたので、小さなお子さんがいてもダブルで安心です。

更に室内の家具は「角のない家具」で統一されていました。

ソファ、ローチェアも「角なし&柔らかい素材」で揃っているので子供が転んでも大丈夫です。

同様にキャビネットも「角のない家具」となっています。

角に丸みがあるので転んで頭を打ったとしても危険性が下がる工夫がされています。

子供は外泊するとはしゃぐ場合が多いのでありがたい心配りでした。

取手部分は「プッシュ開閉式」で、小さい子供が勝手に開閉できないようになっています。

目を話した隙に食器等をひっくり返して破損するリスクを下げてくれているお部屋でした。

キャビネットの中は冷蔵庫・食器・食料品を置いておけるスペースがあります。

持ち込みにも対応してくれているのは嬉しいポイントでした。

小さいお子さん連れ等は、レストランを利用しずらい場合もあるので持ち込み可能は助かります。

子供用の食器もあり、プラスチック製だったので落として割る心配もありません。

食器類に過不足がある場合はフロントで申し込めば補充してくれます。

連泊する際、交換をお願いしたら快諾してくださいました!

室内は間接照明を基調とした光源を使っているので夜間は落ち着いた雰囲気でした。

フットマッサージ機が部屋に置いてあるので一日遊んで疲れ癒すことができます。

ディズニーランドで疲れた足に沁み入りました、、、

大人も子供も一日中遊んで帰ってきた後、ゆっくりとホテルステイを楽しめるお部屋でした。

オリエンタルホテル東京ベイ バスルーム

バスルームはユニットバスタイプとなっており、浴槽は大人一人が浸かれるサイズでした。

備え付けのアメニティも一通り揃っており、不自由なく利用できます。

特徴的だったのは「子供用全身ソープ」が設置されていた点でした!

小さいお子さんと一緒に外泊する場合、小分けにして持っていく必要があるので助かります。

宿泊時に設置してあった「子供用全身ソープ」はこちらです。

楽天市場で「arau」を調べる>>

Amazonで「arau」を調べる>>

洗面台とトイレも特に不便を感じない設備で「子供用のオマル」が特徴的でした。

ドライヤーも設置されていたので女性の方も安心です。

標準的な設備ながら、所々で大人にも子供にも配慮されたバスルームとなっていました。

オリエンタルホテル東京ベイ アミニティ

「オリエンタルホテル東京ベイ」ではアミニティは2F「TIROIR」で補充する仕組みです。

「子供用のパジャマ」は部屋に置いて無いのでチェックイン後に訪問しました。

パジャマはサイズ展開も豊富でデザインも可愛らしく、子供が手に取って喜んでいました。

他にも「子供用歯ブラシ」や「子供用体洗いスポンジ」等の子供用アメニティが充実しています。

「テープおむつ」まで置いてある万全のサポート体制でした。

滞在中に想定外の事態が起きても予備のおむつがあると思うと安心ですよね。

楽天市場で「おむつ テープ」を調べる>>

Amazonで「おむつ テープ」を調べる>>

大人用の「入浴剤」や「化粧水」なども置いてあり、大人用アメニティも充実しています。

個人的に気に入ったのが「耳栓」です。

次の日、仕事で「どうしても眠らなければいけない場合」に重宝します。

オリエンタルホテル東京ベイ レストラン

「オリエンタルホテル東京ベイ」には和洋中のレストランがあります。

朝食は「グランサンク」というビュッフェスタイルのレストランで楽しむことができます。

子供用の食器があるのでレストランでも子連れの方は安心です。

肝心のお食事も和洋がサポートされており、味も美味しかったです。

地元千葉の「イワシつみれ味噌汁」が提供されるなど、地場の食材を使ったメニューもあります。

また、デザートではコックさんが提供する「キャラメルフレンチトースト」が絶品でした。

ドリンクコーナーには珈琲もあり、ゆったりとした朝ごはんを楽しめる空間でした。

オリエンタルホテル東京ベイ 設備

「オリエンタルホテル東京ベイ」には他にも宿泊に便利な設備があったので紹介します。

「ランドリーコーナー」「アイスマシーン」があり、荒天時でも選択することができます。

乾燥機も併設されているので、長期滞在する方には特に嬉しい設備だと思います。

「コンビニ」もホテル内からアクセスできるので軽食もすぐ手に入ります。

「ワインオープナー」はフロントで貸し出しをしているのでお酒を買っても大丈夫です。

「電子レンジ」もホテル内で利用でき、事前に弁当を買っておいて好きな時に温めて食べれます。

「プリンター」も置いてあるので紙チケットを発券し忘れても大丈夫です。

痒いところに手が届くとはまさにこの事だな、と感じる設備でした。

オリエンタルホテル東京ベイ まとめ

ここまで「オリエンタルホテル東京ベイ」についてまとめてきました。

  • 「オリエンタルホテル東京ベイ」は新浦安駅直通で雨でも大丈夫
  • 「オリエンタルホテル東京ベイ」は東京ディズニーリゾートのパートナーホテル
  • 「オリエンタルホテル東京ベイ」は子連れに優しい部屋や設備が満載
  • 「オリエンタルホテル東京ベイ」はアメニティが充実している
  • 「オリエンタルホテル東京ベイ」は痒い所に手が届く設備が充実

「オリエンタルホテル東京ベイ」は結婚式場も併設している高級感のあるホテルでした。

ホテル設備はもちろん、周辺には買い物施設が充実しており、体験教育施設も充実しています。

ディズニー観光や近隣施設も満喫できるオススメできる宿泊施設です。

特にお子さん連れの方にオススメのホテルでした!

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

周辺情報はこちら。

【体験】新浦安はディズニー観光客にも子連れにも優しい街だった

続きを見る

スポンサーリンク

-国内旅行

error: Content is protected !!

© 2021 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5