国内旅行

【体験】等々力競技場は「川崎」が溢れたスポットだった(座席画像付き)

「等々力競技場」でサッカー観戦はどんな感じかな?子連れでも大丈夫かな?

等々力競技場でサッカー観戦を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること

「等々力競技場」でサッカー観戦する際の様子

実際に「等々力競技場」でサッカー観戦してきた経験をベースに書いています。

  • 等々力競技場 基本情報
  • 等々力競技場 スタンド
  • 等々力競技場 フード

についてまとめました。

等々力競技場は周囲もフロンターレ一色に統一されたまさに「フロンタウン」と言えるスポットでした。

子連れ向けのスポットも盛り沢山なので親御さんも安心です。

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

等々力競技場 アクセス

等々力競技場」は川崎市内にある陸上競技場です。

徒歩の場合、JR南武線武蔵中原駅から約15分、武蔵小杉駅からは約25分の距離です。

徒歩だと結構遠いので、駅からバス利用がオススメです。

バスの場合、武蔵中原駅から約8分、武蔵小杉駅北口から約7分、溝ノ口駅から約20分です。

利用バス会社により「下車駅」が変わるのでご注意ください。(詳細はこちら

  • 「川崎市バス」を利用する場合、「等々力競技場前」
  • 「東急バス」を利用する場合、「市営等々力グラウンド入口」※下車後徒歩5分

溝ノ口駅のバスターミナルには「等々力競技場」が大きく表示されていました。

駐輪場があるので自転車で直接「等々力競技場」へ行くこともできます。

近辺にサイクリングロードもあるのでサイクリングと組み合わせても良いかも知れません。

以下、内部の様子となります。

等々力競技場 川崎フロンターレ

等々力競技場はJリーグ「川崎フロンターレ」の本拠地です。

Jリーグの試合開催日には等々力競技周辺は「フロンターレ一色」となります。

等々力競技場の横にある公園は「フロンターレ仕様」で川崎ファンの子供は大満足です。

等々力競技場の前ではクラブマスコットの「ふろん太」がファンサービスしていました。

「ふろん太」を陰から見守る、マスコットの「カブレラ」もいい味出してました。

周囲には子供達だけでなく、女性のファンも多く人だかりを作っていました。

等々力競技場はサッカーはもちろん「川崎フロンターレ」を満喫できるスポットです。

等々力競技場 座席

座席は「下層席」と「上層(二階)席」「応援(ゴール裏)席」に分かれています。

チケット価格は「応援席」「上層(二階)席」「下層席」の順で手頃な場合が多いです。

  • 下層席は「間近でサッカーの迫力を体感したい方向け」
  • 上層(二階)席は「俯瞰してサッカーの試合を楽しみたい方向け」
  • 応援(ゴール裏)席は「応援団の臨場感を楽しみたい方向け」

だと感じました。

また、等々力競技場には「ベビーカー置き場」があるので小さいお子さん連れでも安心です。

以下、等々力競技場にある各席の情報となります。

等々力競技場 下層席

等々力競技場の下層席は最前列から最後列までピッチを見渡せる設計になっています。

座席はプラスチック製で「背もたれ」が大きいデザインとなっているので座りやすいです。

続いて、等々力競技場のフードについて説明したいと思います。

等々力競技場 フード

等々力競技場でサッカー試合開催時は「川崎フード」が色々楽しめます。

元祖ニュータンタンメン本舗」の等々力競技場店がメインスタンドに出店しています。

引換券も「川崎フロンターレ仕様」になっており、サポーターにとっては嬉しいポイントです。

川崎のソウルフード「ニュータンタンメン」をスタジアムで楽しむことができます。

味はもちろん、ボリューム満点で大満足の一品でした!

お肉料理も充実していて「レアステーキ丼」はライスに味付けがされていて美味しかったです。

スタジアムなどで定番の料理も充実しており「唐揚げ」も安定の美味しさでした。

寒い時期には「もつ鍋」が味はもちろん、体も温まるのでオススメです。

暑い時期には「ビール」が等々力競技場の青と空の青とマッチして最高でした。

等々力競技場は「スイーツ専門店」もメインスタンドに出店しています。

ふろん太が印字された「川崎マドレーヌ(バナナ味)」は小腹を満たすのに良いサイズでした。

「フォットチーノ」はカフェラテベースで星形のクッキーがのった甘いスイーツです。

また、お弁当にのっけるだけでサッカー場になる「のりアート」も販売していました。

子供のお弁当に入れたら「大喜び」で帰ってくること間違いなしです!

また、等々力競技場で試合開催時には屋外に屋台が出ています。

「川崎ちゃんこ」のお店等、川崎にゆかりのあるフードカーが出店していました。

スポンサーのフードコーナーもあり「和幸」のお弁当も販売しています。

さすがスポンサーといった感じで容器が「川崎フロンターレ仕様」になっている徹底ぶりでした。

等々力競技場はサッカーだけでなく「川崎のフード」を満喫できるスポットでした。

等々力競技場 施設

等々力競技場は「川崎を楽しむ仕掛け」が用意されていました。

川崎市内にある「藤子・F・不二雄ミュージアム」でお馴染みのキャラクターの銅像があります。

代表作「ドラえもん」のキャラクターはもちろん、初期の作品のキャラクターの銅像もあります。

懐かしのキャラクター探しをしながら等々力競技場内を散策することができます。

サッカーの試合前や合間に子供と一緒に銅像巡りをしても楽しいかもしれません。

等々力競技場 サッカー まとめ

ここまで「等々力競技場」でのサッカー観戦についてまとめてきました。

  • 等々力競技場はサッカー「川崎フロンターレ」の本拠地
  • 等々力競技場へは各駅からバスでのアクセスが楽
  • 等々力競技場は「川崎フード」が充実しているのでグルメも楽しめる

等々力競技場はサッカーの試合はもちろん、川崎フードも満喫できるスポットでした。

ベビー置き場や藤子・F・不二雄キャラクターがあるので子連れでも楽しめるのが嬉しいポイントでした!

大人から子供まで幅広い年代で楽しめるプレイスポットだと思います。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

Bリーグ「川崎ブレイブサンダース」の本拠地「とどろきアリーナ」はお隣にあります。

【体験】とどろきアリーナは「川崎」を満喫できるスポットだった(座席動画付き)

続きを見る

多摩川サイクリングロードとも目と鼻の先なのでサイクリングもどうぞ。

神奈川県のサイクリングロードをつなげて「神奈川の桜」を探してきた

続きを見る

東京のんびり自然を満喫サイクリング!多摩川支流・三沢川の源流まで行ってきた(ルート付き)

続きを見る

多摩川の支流『野川サイクリングロード』をのんびりサイクリングして飛行機を見てきた【ルート付き】

続きを見る

スポンサーリンク

-国内旅行
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5