ブログ

【検証】ビジネス衣類用に「ナカタハンガー」を購入してみた(比較画像付き)

ビジネス用衣類にオススメのハンガーはないかな?「NAKATA HANGER(ナカタハンガー)」はどんな感じかな?

NAKATA HANGER(ナカタハンガー)に興味のある方へ向けた記事になります。

この記事でわかること

「NAKATA HANGER(ナカタハンガー)」について

※スーツ・ジャケット用、シャツ用を中心に説明

実際に「NAKATA HANGER(ナカタハンガー)」を利用した経験を基に記事を書いています。

  • NAKATA HANGER(ナカタハンガー)概要
  • NAKATA HANGER(ナカタハンガー)選び方
  • NAKATA HANGER(ナカタハンガー)スーツ ジャケット
  • NAKATA HANGER(ナカタハンガー)シャツ

についてまとめました。

「NAKATA HANGER(ナカタハンガー)」を中心に「通常のハンガーとの比較」を重点的に記事を作成しました。

皆さんの購入の際の参考になれば幸いです。

ナカタハンガー 概要

NAKATA HANGER(ナカタハンガー)」は中田工芸株式会社の「木製ハンガーブランド」です。

(以下、「NAKATA HANGER(ナカタハンガー)」は「ナカタハンガー」と呼称します。)

1946年創業以来「日本製」にこだわり、職人さんが一本一本丁寧に手作業で作る「木製ハンガー」となっています。

「木製ハンガー」は適度に湿度を吸収し、静電気が発生しづらく「衣類に優しい」と言えます。

注文後は「一つ一つのハンガーが個包装された形」で配送されてきます。

ギフトや結婚式の引出物として見かけたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

一本あたり「数千円」という価格帯ですが、納得の品質です。

デザインがシンプルなので「時間が経っても飽きのこない高級感」も特徴となっています。

 

Amazonで「ナカタハンガー」を見てみる>>

楽天市場で「ナカタハンガー」を見てみる>>

 

「ブラスチック製」や「スチール製」とは一味違うのがナカタハンガーの「木製ハンガー」です。

次は「ハンガーの選び方」について簡単に説明していきます。

ナカタハンガー 選び方

そもそも「ハンガー」はどうやって選べばいいのかな?

「ハンガーの選ぶ」ことに馴染みもない方もいらしゃると思います。

私も「ナカタハンガー」を購入する際に生まれてはじめてハンガーの選び方を調べました。

調査の結果「ハンガー選び」のポイントは以下の通りでした。

  • 肩幅
  • 肩先の厚み
  • 肩の曲線

それぞれ実際に購入した「ナカタハンガー」の特徴と併せて説明していきたいと思います。

他ブランドの「ハンガー選び」でも共通する事項なので参考にしてみてください。

ナカタハンガー 選び方 肩幅

まず「肩幅に合うハンガーを選ぶ」ことがポイントです。

一般的にメンズが「42〜44cm」、レディスは「36〜38cm」とされています。

肩幅は「両肩の縫い目」を直線で測ったサイズから「2〜4cm小さい幅が最適」とされています。

ジャストサイズのハンガーが見当たらないな、、、大きめと小さめどっちがいいのかな、、、?

自分のサイズに「ぴったりのハンガーサイズ」が見当たらずに悩む場合もあると思います。

その場合は大きいサイズよりは「小さいサイズ」を選ぶのがベターです。

「肩幅より大きいハンガー」を使うと、服が伸びてしまいダメージがあります。

また「肩幅より小さすぎるハンガー」も服の型崩れにつながるので気をつけてください。

ナカタハンガー 選び方 肩先の厚み

肩幅だけでなく「肩先の厚み」もポイントです。

ハンガーにかける衣類にあった「肩先の厚み」を選ぶのが型崩れを防ぐためにもベターです。

ナカタハンガーは「肩先の厚み」が各衣類に合わせた最適サイズに調整されています。

各衣類に合った「肩先の厚み」の目安は以下の通りです。

  • 「コート類」の場合、肩先の厚みが「5cm以上」
  • 「ジャケット用」の場合、肩先の厚みが「3〜5cm」
  • 「シャツやブラウス」の場合、肩先の厚みが「1〜2.5cm」

「型崩れ」を防ぐために、衣類に合った「肩先の厚み」を意識してみてください。

ナカタハンガー 選び方 肩の曲線

「ジャケット用ハンガー」を選ぶ際は「肩の曲線」もポイントとなります。

平面的な衣類(Tシャツ等)は「平らなハンガー」で問題ありませんが、立体的な衣類(ジャケット等)は「前側にゆるく曲線を描く形のハンガー」を選ぶのがベターです。

ナカタハンガーは「肩の曲線」が衣類に合わせた形でゆるやかに曲線を描いています。

衣類に合わせて「肩の曲線」が描かれているハンガーは服の突っ張りを防ぐことができます。

以上、各衣類に合わせた「ハンガー選び」のポイントでした。

「ハンガー選び」とは「型崩れ防ぎ」とほぼ同義と言えます。

ナカタハンガーは「洋服の帰る場所」というコンセプトで日本製ハンガーを販売しています。

 

Amazonで「ナカタハンガー」を見てみる>>

楽天市場で「ナカタハンガー」を見てみる>>

 

続いて、実際に購入したナカタハンガーについて説明していきたいと思います。

ナカタハンガー スーツ ジャケット

ナカタハンガーの「メンズスーツハンガー(スモークブラウン)」を購入しました。

ズボン部分が「フェルトバー付き」のモデルで「滑り落ちを防止」できるので安心です。

ナカタハンガーの公式ショップで購入しました。

ナカタハンガーの「メンズスーツハンガー」の特徴について画像を比較しながら説明します。

ナカタハンガー スーツ ジャケット 特徴

ナカタハンガーの「メンズスーツハンガー」は「スーツに合わせた形のハンガー」です。

「肩先の厚み」「肩の曲線」がメンズスーツに合わせた形に設計されています。

実際にスーツをナカタハンガーの「メンズスーツハンガー」にかけた画像がこちらです。

普通のハンガーをかけていた頃と比較するとナカタハンガーの方が服のシワが少ないです。

また、ナカタハンガーにかけたスーツを横から見た画像がこちらです。

横から見ても「普通のハンガー」よりナカタハンガーの方が明らかに立体的となっています。

「肩先の厚み」「肩の曲線」が最適化されているので型崩れが起きにくい設計となっています。

長い間、普通のハンガーにかけられていたスーツが喜んでる気がしました!

ジャケット類をナカタハンガーにかけた画像と普通のハンガーの比較がこちらです。

型崩れ防止はもちろん、フェルトバーにズボンを掛けれる分、省スペースともなりました。

ナカタハンガー シャツ

ナカタハンガーの「メンズシャツハンガー(スモークブラウン)」を購入しました。

ハンガーの色が揃っているとクローゼット内に統一感が出るので、他のハンガーと色を揃えました。

こちらもナカタハンガーの公式ショップで購入しました。

ナカタハンガーの「メンズシャツハンガー」の特徴について画像を比較しながら説明します。

ナカタハンガー シャツ 特徴

ナカタハンガーの「メンズシャツハンガー」は「シャツに合わせた形のハンガー」です。

「肩先の厚み」「肩の曲線」がシャツに合わせた形に設計されています。

実際にシャツをナカタハンガーの「メンズシャツハンガー」にかけた比較画像がこちらです。

横から見ても、ナカタハンガーの方が明らかに立体的となっています。

「肩先の厚み」「肩の曲線」が最適化されているので型崩れが起きにくいハンガーです。

ナカタハンガー まとめ

ここまで「ナカタハンガー」についてまとめてきました。

  • ナカタハンガーは職人ハンドメイドの「日本製ハンガー」
  • ナカタハンガーは高級感のある「木製ハンガー」
  • ナカタハンガーは各衣類に合わせて「肩先の厚み」「肩の曲線」が最適化設計

ナカタハンガーを導入後、型崩れが減り「より良い状態」で服を着れるようになりました。

お気に入りの服にも、ビジネス用の服にもナカタハンガーはオススメできる品質です!

ぜひクローゼットの整理をする際に一度検討してみてください。

皆さんの参考になれば幸いです。

 

プライベートでもビジネスでも「勝負服用ハンガー」にぜひ。

Amazonで「ナカタハンガー」を見てみる>>

楽天市場で「ナカタハンガー」を見てみる>>

スポンサーリンク

-ブログ
-

error: Content is protected !!

© 2022 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5