アリーナ巡り(B.LEAGUE)

【体験】北海きたえーるは広くて綺麗で観戦快適なアリーナ(座席動画付き)

「北海きたえーる」でバスケットボール観戦するとどんな感じかな?子連れでも大丈夫かな?

北海きたえーるでバスケットボール観戦を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること

「北海きたえーる」でバスケットボール観戦する際の様子

実際に「北海きたえーる」でバスケットボール観戦してきた経験をベースに書いています。

  • 北海きたえーる 基本情報
  • 北海きたえーる レバンガ北海道
  • 北海きたえーる 座席

についてまとめました。

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

北海きたえーる アクセス

「北海きたえーる」は北海道札幌市内にある総合体育館施設です。

札幌市営地下鉄「豊平公園駅」から徒歩約4分の立地で地下通路直結です。

タクシーの場合、JR北海道「札幌駅」から約10分となっています。

北海きたえーるはコンコースエリアが広く、座れるスペースもあるので子連れも安心です。

(子連れの方は子供が走り回って大変ですが、広い分人とぶつかるリスクも減ります。)

以下、内部の様子となります。

北海きたえーる レバンガ北海道

北海きたえーるは「レバンガ北海道」の本拠地です。

レバンガ北海道はチーム発足人でもある折茂武彦さんのチームと言っても過言ではありません。

通算得点日本出身選手最多記録(10,238点)を保持し、背番号9は永久欠番です。(記事作成時)

北海きたえーる内にレバンガ北海道のグッズショップもあるのでぜひ覗いてみてください。

ネットでもグッズがあるので事前に準備してアリーナへ向かうのも良いかもしれません。

楽天市場で「レバンガ北海道」のグッズを見てみる>>

Amazonで「レバンガ北海道」のグッズを見てみる>>

続いて、北海きたえーるの座席について説明します。

北海きたえーる 座席

北海きたえーるの座席は「ベンチ側席」「ベンチ向かい側席」「コートエンド席」があります。

北海きたえーるは「1階」と「2階」があります。チケット価格は「2階」の方が手頃となっており、席種は「コートエンド > ベンチ側 > ベンチ向かい側」の場合が多いです。

以下、各座席の特徴と眺望をまとめました。

席種 概要 眺望※YouTube
ベンチ側(1階) 間近でベンチの様子とバスケットボールを楽しみたい方向け 眺望をみてみる
ベンチ側(2階) バスケットボールを少しお得な価格設定で楽しみたい方向け -
ベンチ向かい側(1階) 正面かつ間近でイベントもバスケットボールも楽しみたい方向け 眺望をみてみる
ベンチ向かい側(2階) 正面でイベントとバスケットボールも楽しみたい方向け 眺望をみてみる
コートエンド(1階) 間近でゴール下の攻防を楽しみたい方向け 眺望をみてみる
コートエンド(2階) お得にバスケットボールの試合の雰囲気を楽しみたい方向け 眺望をみてみる

「1階」と「2階」は階段で繋がっており、行き来することができます。

以下、各席の説明となります。

北海きたえーる 1階

北海きたえーるの1階からは選手を間近に感じることができます。

1階は「間近でバスケットボールの迫力を体感したい方向け」の座席となっています。

1階は「コートサイド・コートエンド」と「ベンチ正面・ベンチ裏」に座席が分かれます。

北海きたえーるのコートサイド席は「本当にコートのすぐサイド」に座席があります。

北海きたえーるは立派な箱なので天井が高く、室内にいながら抜け感を感じられるアリーナです。

ゴール寄りのコートエンド座席の一部に「死角」があるので購入の際には注意してください。

また、コートエンド後方には「ラウンジシート」もあり、ゆったりと試合観戦を楽しめます。

続いて北海きたえーるの2階について説明します。

北海きたえーる 2階

北海きたえーるの2階からは全体を俯瞰して試合を楽しむことができます。

2階は「気軽にバスケットボールの試合や雰囲気を楽しみたい方向け」の座席となっています。

北海きたえーるの2階はどの座席からでもコートが見やすくなっているので上段でも安心です。

コートエンドも目線が上がるため1階で感じた死角は少し解消されていました。

北海きたえーるの各座席からの眺望を動画にまとめました。

よろしければ座席選びの参考にしてみてください。

北海きたえーる まとめ

ここまで「北海きたえーる」でのバスケットボール観戦についてまとめてきました。

  • 北海きたえーるはバスケットボール「レバンガ北海道」の本拠地
  • 北海きたえーるへは「豊平公園駅」から徒歩約4分
  • 北海きたえーるはコンコースが広いので子連れも安心

北海きたえーるはバスケットボールの試合を満喫できるスポットでした。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

レバンガ北海道の主催試合の様子はこちら。

【体験】レバンガ北海道は「アットホームな雰囲気」があふれるチームだった

続きを見る

札幌市内の宿泊情報はこちら。

【宿泊】ニューオオタニ札幌は市内観光拠点に最適だった

続きを見る

スポンサーリンク

-アリーナ巡り(B.LEAGUE)
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5