アリーナ巡り(B.LEAGUE)

【体験】アオーレ長岡は建物もバスケを楽しめるアリーナ(座席動画付き)

「アオーレ長岡」でバスケットボール観戦するとどんな感じかな?

アオーレ長岡でバスケットボール観戦を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること

「アオーレ長岡」でバスケットボール観戦する際の様子

実際に「アオーレ長岡」でバスケットボール観戦してきた経験をベースに書いています。

  • アオーレ長岡 基本情報
  • アオーレ長岡 新潟アルビレックスBB
  • アオーレ長岡 座席

についてまとめました。

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

アオーレ長岡 アクセス

「アオーレ長岡」は新潟県長岡市内にある総合体育館施設です。

アオーレ長岡は建築家・隈研吾さん設計の建物になります。「アオーレ」とは長岡で「会いましょう」を意味する方言です。

徒歩の場合、JR長岡駅から約3分の距離です。

バスケの試合だけでなく試合前後に建築も楽しめるアリーナです。

長岡駅のすぐ隣にある総合施設となっています。

シティホールも兼ねているので多くの長岡市民の方もいらっしゃいました。

「アオーレ長岡」はJR「長岡駅」から直通となっており雨や雪に濡れる心配はありません。

長岡駅からアオーレ長岡までの道順は新潟アルビレックスBBともコラボしていました。

以下、内部の様子となります。

アオーレ長岡 新潟アルビレックスBB

アオーレ長岡はBリーグ「新潟アルビレックスBB」の本拠地です。

新潟アルビレックスBB」はJリーグ「アルビレックス新潟」とチーム名を共有しており、メインアリーナは「アオーレ長岡」となっています。

Bリーグ試合開催日にはアオーレ長岡周辺は「新潟アルビレックスBB一色」となります。

アオーレ長岡内にグッズショップがあるのでぜひ覗いてみてください。

ブースターの皆さんは思い思いのタオルマフラーやキーホルダー、メガホンなどを持参してアリーナの雰囲気を作り出しています。

特に「選手名が入ったタオルマフラー」を持ったブースターの方が多いのが印象的でした。

ネットでもグッズがあるので事前に準備してアリーナへ向かうのも良いかもしれません。

楽天市場で「新潟アルビレックスBB」のグッズを見てみる>>

Amazonで「新潟アルビレックスBB」のグッズを見てみる>>

続いて、アオーレ長岡の座席について説明します。

アオーレ長岡 座席

アオーレ長岡の座席は「ベンチ側席」「メイン側席」「コートエンド席」があります。

アオーレ長岡は「1階」と「上層(2、3階)」があります。チケット価格は「上層(2、3階)」の方が手頃となっており、席種は「コートエンド > ベンチ側 > メイン側」の場合が多いです。

(出典:「新潟アルビレックスBB公式HP」)

以下、各座席の特徴と眺望をまとめました。

席種 概要 眺望※YouTube
ベンチ側(1階) 間近でベンチの様子とバスケットボールを楽しみたい方向け 眺望をみてみる
ベンチ側(上層) バスケットボールを少しお得な価格設定で楽しみたい方向け -
メイン側(1階) 正面かつ間近でイベントもバスケットボールも楽しみたい方向け -
メイン側(上層) 正面でイベントとバスケットボールも楽しみたい方向け 眺望をみてみる
コートエンド(1階) 間近でゴール下の攻防を楽しみたい方向け 眺望をみてみる
コートエンド(上層) お得にバスケットボールの試合の雰囲気を楽しみたい方向け -

「1階」と「上層(2、3階)」は階段で繋がっており、自由に行き来することができます。

以下、各席の説明となります。

アオーレ長岡 1階席

アオーレ長岡の「1階席」は選手を間近に感じることができます。

「1階席」は「間近でバスケットボールの迫力を体感したい方向け」の座席となっています。

アオーレ長岡の1階席は「ベンチ横」にも座席があり、ベンチメンバー気分を味わえます。

アオーレ長岡の「ベンチ側」「メイン側」の後方座席は長椅子となっていました。

1階席の「コートエンド」からのはアオーレ長岡の特徴的な壁面もよく見えます。

「コートエンド」の座席はゴールリングで一部コートが死角になるのでご注意ください。

1階席の「コートエンド」は簡易椅子座席となっています。

「コートエンドの後方座席エリア」はコートと同じレベルから座席設計となっています。

「コートエンドの後方座席」の前列付近は前方の観客で死角が生まれるので注意してください。

続いて、アオーレ長岡の「上層(2、3階)席」について説明します。

アオーレ長岡 上層(2、3階)席

アオーレ長岡の上層(2、3階)席は全体を俯瞰して試合を楽しむことができます。

「上層(2、3階)席」は「俯瞰視点でイベントやバスケットボールの試合を楽しみたい方向け」の座席となっています。

2階席は「ベンチ側」からもコート全体がよく見える造りとなっていました。

アオーレ長岡の上層(2、3階)席はプラスチック製座席となっています。

3階席はモニターと同じ視点でアリーナ全体を見渡すことができます。

アオーレ長岡の各座席からの眺望を動画にまとめました。

座席選びの参考になれば幸いです。

アオーレ長岡 まとめ

ここまで「アオーレ長岡」でのバスケットボール観戦についてまとめてきました。

  • アオーレ長岡はバスケットボール「新潟アルビレックスBB」の本拠地
  • アオーレ長岡は「新国立競技場」の設計でも有名な隈研吾さんの設計した建物

アオーレ長岡は建築もバスケットボールの試合も楽しめるアリーナでした。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

新潟アルビレックスBBの主催試合の様子はこちら。

【体験】新潟アルビレックスBBは「日本初」のプロバスケットボールクラブ

続きを見る

スポンサーリンク

-アリーナ巡り(B.LEAGUE)
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5