国内旅行

【体験】新国立競技場は「日本ならでは」が溢れた空間だった(座席画像・動画付き)

「新国立競技場」でサッカー観戦はどんな感じかな?子連れでも大丈夫かな?

新国立競技場でサッカー観戦を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること

「新国立競技場」でサッカー観戦する際の様子

実際に「新国立競技場」でサッカー観戦してきた経験をベースに書いています。

  • 新国立競技場 基本情報
  • 新国立競技場 スタンド
  • 新国立競技場 フード
  • 新国立競技場 施設

についてまとめました。

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

新国立競技場 アクセス

新国立競技場」は「国立霞ヶ丘競技場陸上競技場」の略称で新宿区内にある陸上競技場です。

都営大江戸線「国立競技場」が最寄駅で徒歩約1分でアクセスができます。

都営大江戸線は地下から地上に上がるまで時間がかかるのでゆとりを持った来場がオススメです。

JR千駄ヶ谷駅・信濃町駅から徒歩約5分、東京メトロ銀座線外苑前駅徒歩約9分です。

以下、内部の様子となります。

新国立競技場 サッカー

新国立競技場は天皇杯など「サッカー競技」でも利用される陸上競技場です。

サッカーの試合開催日には新国立競技場周辺は「サッカー一色」となります。

訪問日にはメインスタンドがある中央門側の広場に「天皇杯公式球」のバルーンが出ていました。

千駄ヶ谷門側には「TOKYO 2020」の開催を記念した「金色の特製ポスト」があります。

青山門側には1964年の東京オリンピックの際に使われた「炬火台」があります。

新国立競技場はサッカーはもちろん「日本の新旧オリンピック」を観光できるスポットです。

新国立競技場 座席

座席は「下層席」と「上層(二層、三層)席」「応援(ゴール裏)席」に分かれています。

新国立競技場のコンコースは通路が広めに設計されてると感じました。

入場さえできれば座席までは割とスムーズにアクセスできます。

また、新国立競技場には「ベビーカー置き場」があるので小さいお子さん連れでも安心です。

チケット価格は「下層席」>「上層席」>「応援席」の順で手頃な場合が多いです。

  • 下層席は「間近でサッカーの迫力を体感したい方向け」
  • 上層席は「俯瞰してサッカーの試合を楽しみたい方向け」
  • 応援(ゴール裏)席は「応援団の臨場感を楽しみたい方向け」

だと感じました。

試合観戦のしやすさ、を重視される方は「メインスタンド」「バックスタンド」の座席が中継視点に近いのでオススメです。

座席はプラスチック製で「背もたれ」が大きいデザインとなっています。

ただ、通路が狭く座席に人が座ったままで行き来することは困難です。

ドリンクケースは前の座席の背中部分に設置されています。

座席通路が狭いため、観客の動作が多いので「ビール」などカップの飲み物はドリンクケースで常に固定しておくと安心です。

以下、新国立競技場にある各席の情報となります。

新国立競技場 下層席

新国立競技場の下層席は最前列から最後列までピッチを見渡せる設計になっています。

中継視点でサッカー観戦を楽しみたい、より近くで選手を見たい方向けの席種となっています。

特にメインスタンド、バックスタンドの中央寄りの座席はピッチ全体を無理なく見渡せます。

新国立競技場 上層席

新国立競技場の上層席は二層(二階、三階)、三層(四階)があります。

より俯瞰視点で観戦を楽しみたい方向けの席種となっています。

下層席と比較すると「二層(二階、三階)席」でもかなり俯瞰視点になります。

「三層(四階)席」眺めはかなり見下ろす形になります。

特にメインスタンド、バックスタンドの中央寄りの座席は「ゲーム視点」に近い形になります。

新国立競技場 応援席

新国立競技場の「ゴール裏席」は応援席となっています。

応援席の熱を感じたい方、試合の臨場感を楽しみたい方向けの席種となっています。

「ゴール裏(右)」の座席はデーゲームだと日差しがないので冬期の試合は防寒対策が必要です。

「ゴール裏(左)」の座席はデーゲームだと日差しが眩しいので日よけ対策が必要です。

応援席はトラブル防止のため「対戦相手の衣類や色のグッズ」を持参すると入場できません。

立ったまま応援する方やフラッグを振る方もいらっしゃるので座席に座ったまま試合観戦をしたい人は注意が必要です。

応援席で座ったままだとこういう構図になります。

また、試合によってはコレオグラフィーの手伝いをするケースもあります。

座席にコレオグラフィー用の画用紙が配布されるので指定されたタイミングで掲げます。

各席種からのピッチの見え方について動画をまとめました。

座席選びの際の参考にしていただけると幸いです。

続いて、新国立競技場のフードについて説明したいと思います。

新国立競技場 フード

新国立競技場でサッカー試合開催時は「フード」が色々楽しめます。

コンコースの売店は「和食」「中華」「ファストフード」などが訪問日は出店していました。

訪問日は冬期だったので各売店で「温かい食べ物」が多く提供されていました。

「唐揚げやポテト」を提供している売店が多い中「おでん」を売っている所もありました。

冬期の冷えた体に染み渡りました、、、

熱々のおでんを食べた後は「中華」を提供している売店へも行ってみました。

売店にも関わらず「海老入り卵チャーハン点心セット」は本格的なお味でした。

チャーハンはパラパラで点心は作りたてでモチモチしていて美味しかったです。

「東京X豚肉まん」も注文後に専用蒸し器から熱々を渡してもらえ、美味しかったです。

新国立競技場はサッカーだけでなく「フード」も満喫できるスポットでした。

新国立競技場 施設

新国立競技場は建築家隈研吾さんの設計で造られた競技場です。

「木」が至る所に配置されており、昔の日本家屋を感じることもできる競技場となっています。

木と鉄骨を組み合わせた構造で屋根(総重量2万トン)を支えています。

三層席(四階)から上を見上げると屋根を間近に感じることができます。

新国立競技場内にある簡易フェンスの足元は「富士山」のデザインになっています。

このように新国立競技場の至る所に「日本ならでは」を感じられる仕掛けが施されています。

サッカーの試合前や合間に子供と一緒に「日本スポット巡り」をしても楽しいかもしれません。

新国立競技場 サッカー まとめ

ここまで「新国立競技場」でのサッカー観戦についてまとめてきました。

  • 新国立競技場は新宿区にある陸上競技場
  • 新国立競技場へは国立競技場前から徒歩約1分
  • 新国立競技場は「新旧オリンピック」のモニュメントがある
  • 新国立競技場は「日本ならでは」の仕掛けがある

新国立競技場はサッカーの試合はもちろん「日本ならでは」を満喫できるスポットでした。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

周辺のスポット情報はこちら。

ブリヂストンのネオコットフレームに試乗する方法(試乗ルート付)

続きを見る

スポンサーリンク

-国内旅行
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5