球場巡り(プロ野球)

【体験】神宮球場はアクセス抜群で屋外の風が心地よい都心のオアシス(座席動画付き)

「神宮球場」でプロ野球観戦はどんな感じかな?

神宮球場でプロ野球観戦を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること

「神宮球場」でプロ野球観戦する際の様子

※東京ヤクルトスワローズ主催試合

実際に「神宮球場」でプロ野球観戦をしてきた経験をベースに書いています。

  • 神宮球場 基本情報
  • 神宮球場 座席
  • 神宮球場 施設

についてまとめました。

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

神宮球場 アクセス

「神宮球場宮城」は東京都新宿区にある野球専用球場です。

1926年開場で当初から東京六大学や東都大学リーグなどで使われてきました。正式名称は「明治神宫野球場」です。本来の表記は「宮」の「呂」の中間の線が入らない「明治神宫野球場」で正面玄関上の球場名の文字看板はこの表記になっています。

最寄り駅は「外苑前駅」で徒歩約5分の立地です。

その他にも各駅からアクセスが可能な球場となっています。

  • JR中央線、総武線「信濃町駅」徒歩12分
  • 都営地下鉄大江戸線「国立競技場駅」徒歩約12分
  • JR中央線、総武線「千駄ヶ谷駅」徒歩15分
  • 銀座線、半蔵門線、都営地下鉄大江戸線「青山一丁目駅」徒歩約15分

また、神宮球場のすぐ裏には東京オリンピックが開催された「新国立競技場」があります。

最新機器を揃えた「神宮バッティングセンター」もあるので試合前から野球を楽しめます。

オンラインチケットは球団サイトから購入ができます。

会員登録が必要ですが、球団サイトの方が座席指定などが容易にできました。

窓口もあるので球団の「最新チケット情報」をチェックして購入してください。

球場入口にはコインロッカーもあるので、荷物が多いビジター応援の方も安心です。

以下、内部の様子となります。

神宮球場 プロ野球

神宮球場はプロ野球「東京ヤクルトスワローズ」の本拠地です。

プロ野球の試合開催日には神宮球場周辺は「スワローズ一色」となります。

神宮球場内にグッズショップも複数あるので覗いてみてください。

東京ヤクルトスワローズのマスコット「つば九郎」のグッズもあります。

各グッズショップでは東京ヤクルトスワローズのグッズが所狭しと置かれていました。

ファンの皆さんは想い想いのウェア、キーホールダー等アクセサリー類やタオルマフラーなどの応援グッズをご持参いただいております。

皆さん「応援傘」を買っているのが印象的でした。

ネットではTシャツなどグッズも取り扱いがあったので興味のある方は調べてみてください。

楽天市場で「東京ヤクルトスワローズ」のグッズを見てみる>>

Amazonで「東京ヤクルトスワローズ」のグッズを見てみる>>

続いて、神宮球場の座席について説明していきたいと思います。

神宮球場 座席

座席は「バックネット裏」「内野席」「外野席」に分かれています。

  • バックネット裏席は「優雅にプロ野球の試合を楽しみたい方向け」
  • 内野席は「間近でプロ野球の迫力を体感したい方向け」
  • 外野席は「応援団の臨場感を楽しみたい方向け」

だと感じました。

まず、チケット価格は手頃な順に「外野席 > 内野席 > バックネット裏席」となっています。

神宮球場は「テーブル席」もあり、グループでの観戦にも対応しています。

神宮球場は「バックネット裏二階席」しか屋根がないので雨天時は濡れてしまいます。

観戦を予定している方は天気予報にご注意の上、雨対策をしてください。

また、周辺に遮蔽物がないのでデーゲームの際は日差しをモロに受けます。

日焼け止めなど日差し対策を万全にすることをオススメします。

以下、神宮球場の各席の情報となります。

神宮球場 バックネット裏席

神宮球場のバックネット裏席は一階席と二階席がある設計となっています。

バックネット裏席は「優雅にプロ野球の試合を楽しみたい方向け」の座席となっております。

普段とは違うワンランク上のプロ野球観戦をしたい場合はバックネット裏席は最適です。

バックネット裏の前列からは選手を間近でみることができます。

また、神宮球場のバックネットは網目が細かいのでナイトゲーム時でも気になりませんでした。

バックネット裏の中列からも特に問題なく試合を楽しむことができます。

一階席へは通常階段を使って入ることができます。

バックネット裏へ入るにはチケットチェックがあり、他の席種のチケットでは入場できません。

二階席へは「二階席専用階段」を使って座席へアクセスします。

二階席にはフード売店はないので注意してください。選手特製カクテルなどは一階コンコースの売店のみの販売となるので購入してから座席へ向かってください。

ビールの売り子さんは二階席も巡回してくれます。

基本的にバックネット裏二階席は屋根に覆われているので雨天時も心配が少ないです。

ただ、最前列や端っこの席は風向きによっては雨が入り込んでくるのでご注意ください。

バックネット裏はプラスティック製で肘掛けがあるタイプの座席となっています。

ドリンクホルダーも前方にあるので便利です。

バックネット裏二階席の最前列は足元が少し広くなっており、ドリンクホルダーもあります。

後方列の座席は支柱が死角となるので座席選びの際はご注意ください。

また、バックネット裏二階席には「テーブル席」への通路もあります。

テーブル席には屋根はついていないので、天気予報をチェックしてから球場へ向かってください。

続いて、神宮球場の内野席について説明したいと思います。

神宮球場 内野席

神宮球場の内野席は通常座席に加え、ペアシートやテーブルシートがある席種となっています。

神宮球場の内野席は「間近でプロ野球の迫力を体感したい方向け」の座席となっております。

内野席は後方座席からもフィールド全体が見渡せるようになっています。

外野席エリアとは完全に分離されており、外野チケットでは入場できないようになっています。

バックネット裏座席と同様、プラスティック製の肘掛けがある座席となっています。

最後列は通路となっており、移動することができます。

神宮球場は一塁側が「ホームベンチ側」となっています。

また、一塁側内野席の一番外野寄りの一角にスタジアムDJの座席があります。

パトリックさんと触れ合いたい方はこちらのエリアの座席がオススメです。

内野席の最前列は広いスペースがあり、ブルペンが目の前で楽しめる座席もあります。

プロ野球選手の投球練習を目の前で楽しめる「迫力満点の座席」となっています。

テーブル付きの「ペアシート」も用意されているので利用途に応じて座席を選ぶことができます。

また、内野席は夏場の打ち上げ花火イベント時にはバッチリ花火が見える座席となっています。

神宮の花火イベントについてはこちらにまとめました。

【体験】東京の夏の風物詩「神宮の花火」を楽しんできた(動画付き)

続きを見る

座席選びの参考にしてみてください。

続いて、神宮球場の外野席について説明したいと思います。

神宮球場 外野席

神宮球場の外野席はファンが試合中に立って応援できるエリアです。

神宮球場の外野席は「応援団の臨場感を楽しみたい方向け」の座席となっております。

応援旗等で試合が見えづらい時間もありますが、ど真ん中で応援を楽しめます。

外野席と内野席の間に選手通路があり、選手入退場時の様子を楽しむことができます。

座席はプラスティック製で背もたれがないタイプの座席がメインとなります。

外野席の前列エリアは内野席と同様、プラスティック製の肘掛け付き座席となっています。

フェンスで若干試合が見づらい部分があるので座席選びの際はご注意ください。

内野寄りの外野席もプラスティック製の肘掛け付き座席となっています。

小さいお子さんがいる場合などは背もたれがある座席の方が便利なので参考にしてみてください。

外野席の後方にはテーブルシートがあるので、グループ観戦する場合も楽しめます。

神宮球場の内外野席の眺望を動画にまとめました。

座席選びの参考にしてみてください。

続いて、神宮球場の周辺施設について説明します。

神宮球場 施設

神宮球場の外、1塁側にクラブハウスがあり選手達が球場入りする際はここから出てきます。

クラブハウスの横にはファンクラブ会員用の窓口もあります。

ファンクラブ会員の方はグッズ交換などはこちらの窓口でできます。

神宮球場は周辺に施設がコンパクトにまとまっている球場でした。

神宮球場 プロ野球 まとめ

ここまで「神宮球場」でプロ野球観戦をした様子についてまとめてきました。

  • 神宮球場は「東京ヤクルトスワローズ」の本拠地
  • 神宮球場は1塁側が「ホームベンチ」
  • 神宮球場の最寄り駅は半蔵門線「外苑前駅」徒歩約5分

神宮球場は大人から子供まで幅広い年代で楽しめるスタジアムだと思います。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

東京ヤクルトスワローズの主催試合の様子はこちら。

【体験】東京ヤクルトスワローズは「東京音頭と傘振り応援」が楽しい球団

続きを見る

すぐ隣にある神宮バッティングセンターはこちら。

【体験】神宮のバッティングセンターは手ぶらで楽しめるプレイスポットだった

続きを見る

スポンサーリンク

-球場巡り(プロ野球)
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5