球場巡り(プロ野球)

【体験】横浜スタジアムはアクセス抜群コンパクトで楽しみやすい球場

「横浜スタジアム」でプロ野球観戦はどんな感じかな?

横浜スタジアムでプロ野球観戦を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること

「横浜スタジアム」でプロ野球観戦する際の様子

※横浜DeNAベイスターズ主催試合

実際に「横浜スタジアム」でプロ野球観戦をしてきた経験をベースに書いています。

  • 横浜スタジアム 基本情報
  • 横浜スタジアム 座席
  • 横浜スタジアム 施設

についてまとめました。

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

横浜スタジアム アクセス

「横浜スタジアム」は神奈川県横浜市にある野球専用球場です。

1978年に「横浜公園平和野球場」の老朽化に伴い跡地に建設された野球専用球場です。2003年から「フィールドターフ(ロングパイル人工芝)」を日本の屋外球場で初めて採用した野球専用球場で横浜のイニシャル「Y」の形をした照明塔が特徴です。

最寄り駅はJR根岸線「関内駅」で徒歩約2分の立地です。

JR「関内駅」は横浜DeNAベイスターズの形となっています。

駅を出るとすぐ大きなスタジアムが見えてくるので道に迷う心配は少ないです。

その他にも各駅からアクセスが可能な球場となっています。

  • 横浜市営地下鉄「関内駅」徒歩約3分
  • みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩3分
  • JR根岸線「石川町駅」徒歩5分

横浜中華街からも徒歩でアクセスできる範囲内となっています。

オンラインチケットは球団サイトから購入ができます。

会員登録が必要ですが、球団サイトの方が座席指定などが容易にできました。

窓口もあるので球団の「最新チケット情報」をチェックして購入してください。

横浜スタジアムには「ベビーカー置き場」があるので小さいお子さん連れも安心です。

「迷子・授乳室受付」もあるので何か問題があった場合は窓口で問い合わせができます。

以下、内部の様子となります。

横浜スタジアム プロ野球

横浜スタジアムはプロ野球「横浜DeNAベイスターズ」の本拠地です。

球場コンコースは横浜DeNAベイスターズの選手やカラーでラッピングされています。

横浜スタジアム内にグッズショップも複数あるので覗いてみてください。

横浜DeNAベイスターズのグッズショップはかなり充実しています。

グッズショップ内には横浜DeNAベイスターズのグッズが所狭しと置かれていました。

ファンの皆さんは想い想いのウェア、キーホールダー等アクセサリー類やタオルマフラーなどの応援グッズをご持参いただいております。

特にタオルマフラーを持参しているファンの方が多かったのが印象的でした。

球団マスコットの「スターマン」も所狭しと並んでいました。

ネットではTシャツなどグッズも取り扱いがあったので興味のある方は調べてみてください。

楽天市場で「横浜DeNAベイスターズ」のグッズを見てみる>>

Amazonで「横浜DeNAベイスターズ」のグッズを見てみる>>

続いて、横浜スタジアムの座席について説明していきたいと思います。

横浜スタジアム 座席

座席は「バックネット裏」「内野席」「外野席」に分かれています。

  • バックネット裏席は「優雅にプロ野球の試合を楽しみたい方向け」
  • 内野席は「間近でプロ野球の迫力を体感したい方向け」
  • 外野席は「応援団の臨場感を楽しみたい方向け」

だと感じました。

まず、チケット価格は手頃な順に「外野席 > 内野席 > バックネット裏席」となっています。

バックネット裏と内野席には「テーブル席」もあり、グループでの観戦にも対応しています。

横浜スタジアムは各席種ごとにチケットチェックがあり購入したチケットエリア以外は完全に分離される運営がされています。

横浜スタジアムは「バックネット裏」の上部にしか屋根がないので雨天時は濡れてしまいます。

観戦を予定している方は天気予報にご注意の上、雨対策をしてください。

また、周辺に遮蔽物がないのでデーゲームの際は日差しをモロに受けます。

日焼け止めなど日差し対策を万全にすることをオススメします。

以下、横浜スタジアムの各席の情報となります。

横浜スタジアム バックネット裏席

横浜スタジアムのバックネット裏席は「通常席」と上部の「企画席」がある設計となっています。

バックネット裏席は「優雅にプロ野球の試合を楽しみたい方向け」の座席となっております。

普段とは違うワンランク上のプロ野球観戦をしたい場合はバックネット裏席は最適です。

バックネット裏の前列からは選手を間近でみることができます。

続いて、横浜スタジアムの内野席について説明したいと思います。

横浜スタジアム 内野席

横浜スタジアムの内野席は「通常座席」に加え「ペア席やテーブル席」があります。

横浜スタジアムの内野席は「間近でプロ野球の迫力を体感したい方向け」の座席となっております。

内野席は後方座席からもフィールド全体が見渡せるようになっています。

内野席の上段はプラスティック製の座席となっています。

座席前方にドリンクホルダーもあるので便利です。

上段の最前列の座席はドリンクホルダーはありませんが足元が広くなっています。

内野席の中段には「テーブル席」もありグループ観戦にも対応しています。

内野席の前列は「エキサイティングシート」のエリアとなっています。

試合をより間近で楽しみたい方はこちらの席がオススメです。

続いて、横浜スタジアムの外野席について説明したいと思います。

横浜スタジアム 外野席

横浜スタジアムの外野席はファンが試合中に立って応援できるエリアです。

横浜スタジアムの外野席は「応援団の臨場感を楽しみたい方向け」の座席となっております。

応援旗等で試合が見えづらい時間もありますが、ど真ん中で応援を楽しめます。

外野にはリリーフカーの入口があり、選手入場時の様子を間近で楽しむことができます。

続いて、横浜スタジアムの周辺施設について説明します。

横浜スタジアム 施設

横浜スタジアムは2020東京オリンピックの会場となる際、大幅な改修工事が実施されました。

その際の改修は座席中心だったので、球場入口へのスロープは昔から変わらずに残してあります。

昔ながらの「横浜スタジアム」の看板も残っているのでオールドファンにも配慮されています。

また、各ゲートの外には多くの休憩スペースが用意されています。

ゲームセンターが併設しているエリアもあるので子供を遊ばせられるのは助かります。

横浜スタジアムは周辺に施設がコンパクトにまとまっている球場でした。

横浜スタジアム プロ野球 まとめ

ここまで「横浜スタジアム」でプロ野球観戦をした様子についてまとめてきました。

  • 横浜スタジアムは「横浜DeNAベイスターズ」の本拠地
  • 横浜スタジアムの最寄り駅はJR根岸線「関内駅」徒歩約2分
  • 横浜スタジアムは1塁側が「ホームベンチ」側

横浜スタジアムは大人から子供まで幅広い年代で楽しめるスタジアムだと思います。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

横浜DeNAベイスターズの主催試合の様子はこちら。

【体験】横浜DeNAベイスターズは試合もイベントも満喫できる球団

続きを見る

スポンサーリンク

-球場巡り(プロ野球)
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5