国内旅行

【宿泊】「塔ノ沢一の湯(本館)」の展望温泉露天風呂でリラックスしてきた(温泉動画付き)

「塔ノ沢一の湯(本館)」はどんな感じかな?箱根を満喫できる旅館かな?

塔ノ沢一の湯(本館)に宿泊を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること

「塔ノ沢一の湯(本館)」の様子

実際に「塔ノ沢一の湯(本館)」の個室露天風呂付部屋に宿泊した経験をベースに書いています。

  • 塔ノ沢一の湯(本館)基本情報
  • 塔ノ沢一の湯(本館)館内の様子
  • 塔ノ沢一の湯(本館)個室温泉露天風呂
  • 塔ノ沢一の湯(本館)周辺情報

についてまとめました。

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

塔ノ沢 一の湯 アクセス

塔ノ沢一の湯」は箱根湯本駅が最寄り駅となります。

 バス停「上塔ノ沢」の目の前にあり、箱根各地の観光に行く際に便利です。

項目 詳細
食事 夕朝食付
風呂
  • 温泉大浴場
  • 室内温泉露店風呂
その他設備
  • 無料Wi-fi
  • レストラン
  • 売店
  • 自動販売機
  • 宴会場
接客
満足度
立地

箱根湯本駅より路線バス

「上塔ノ沢バス」停から徒歩1

宿泊費(参考)

13,979円 / 泊

展望風呂付和室(禁煙)利用

※宿泊当時の実費です。

ネット予約

Agodaで部屋を確認する>>

Expediaで部屋を確認する部屋を確認する>>

楽天トラベルで部屋を確認する>>

以下、宿泊した時の詳細となります。

塔ノ沢 一の湯 展望温泉露天風呂付和室

今回は「塔ノ沢一の湯」の「展望温泉露天風呂付和室」に宿泊しました。

部屋自体は広い和室で、落ち着いた老舗旅館の雰囲気を感じられる空間でした。

窓を開けると裏が箱根の山々となっており、秋は紅葉が楽しめます。

また「早川」が流れており心地の良い川のせせらぎも聞こえてきます。

塔ノ沢 一の湯 展望温泉露天風呂

続いて「塔ノ沢一の湯」の「展望温泉露天風呂」です。

自然のマイナスイオンを感じられるのはもちろん、早川のせせらぎもまた癒されました。

開放的な空間となっており、裏山と一体化した露天風呂となっていました。

照明と柵が「お忍び感」の雰囲気を更に盛り上げています。

箱根の入口にあるお宿ですが、十二分に「温泉宿」を満喫できる空間となっていました。

塔ノ沢 一の湯 食事

お食事は夕食と朝食がついているプランを予約しました。

とにかくボリューム満点でお腹いっぱいになります!

お刺身の盛り合わせは二人前でこのボリュームです。

和洋折衷のメニューとなっており、グラタンなどの洋食メニューも美味しかったです。

湘南に蔵元がある「熊澤酒造」の限定吟醸も置いてあり、リーズナブルにお酒も楽しめます。

朝食はオーソドックスな焼き魚に味噌汁、ご飯の和食スタイルでした。

漬物やネギトロなど小鉢が充実していたので朝から白米が進みました。

宿泊後に観光をする場合、しっかりとエネルギーをチャージできる朝食でした。

塔ノ沢 一の湯 周辺情報

「塔ノ沢一の湯」は小田急「箱根湯本駅」から歩いて行ける距離にあります。

駅の周辺には飲食店・お土産物屋はもちろん、観光地域のバスのターミナルなので便利です。

「塔ノ沢一の湯」へ徒歩で行く場合、約15分かかります。

ただ、お土産物屋街を抜けて行く道なので、帰りは寄り道しながら駅へ向かうのもオススメです。

また、途中で早川と交差する橋を渡るので景色も楽しめます。

秋の行楽シーズンなどはのんびり徒歩で景色を楽しみつつ宿へ向かうのも楽しそうです。

塔ノ沢 一の湯 まとめ

ここまで「塔ノ沢一の湯」についてまとめてきました。

  • 塔ノ沢一の湯は箱根湯本駅から徒歩約15分の場所にある
  • 塔ノ沢一の湯からは裏山・早川の自然を楽しめる
  • 塔ノ沢一の湯は「展望温泉露天風呂」が付いている部屋がある

箱根の玄関口にある温泉宿ですが十分に湯を満喫できるお宿でした。

箱根でリーズナブルに「古き良き箱根温泉宿」を楽しみたい方に特にオススメです。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

箱根の他のお宿情報はこちら。

【宿泊】「箱根湯本温泉旅館はつはな」は女性にとても優しいお宿だった

続きを見る

箱根観光情報はこちら。

【体験】箱根ガラスの森美術館にわざわざ行く3つの理由

続きを見る

【体験】箱根大涌谷観光で絶対に失敗しない交通手段、座席位置について

続きを見る

スポンサーリンク

-国内旅行

error: Content is protected !!

© 2021 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5