国内旅行

東京周辺でお花見「国営昭和記念公園」の歩き方を徹底ガイド

「春の国立昭和記念公園ってどんな感じかな?」

「周辺に何があるのかな?」

などなど。

春の国営昭和記念公園へ訪問を検討されてる方へ。

実際に国営昭和記念公園で1日リポートしてきた内容をまとめました。

結論、

人も多いですがそれ以上に広大な公園なので楽しめます

今回まわったルートはこちら。

公園巡りの後にIKEAへも行ってきました。

旅のご参考になれば幸いです。

国営昭和記念公園 アクセス

JRを使って立川駅に到着。

立川にはモノレールも通っており、

  • 多摩都市モノレール・立川北駅
  • JR青梅線・東中神駅
  • 西武拝島線・武蔵砂川駅
  • JR青梅線・西立川駅

からもアクセスが可能。

ランチやカフェをするならJR立川駅が圧倒的に便利

なのでおすすめです。

今回ももれなくJR立川駅からアクセスしてます。

国営昭和記念公園 あけぼの口

JR立川駅から一番近い「あけぼの口」に徒歩約10分で到着。

入口からの満開の桜がお出迎え。

入口からものすごい人だかりで不安が高まる。

日本人は本当に桜が好きだ。

桜から少し離れたら人影はまばら。

コーヒー持参したら、ゆっくりできそうですね。

橋の上から満開の桜も楽しめるので、

「人混みはちょっと、、、」

という方は歩いてサクッと楽しむのもあり。

無料区画でも十分満開なので、

ファミリーがテント張って楽しんでました。

今回は公園内を満喫すべく、

チケットが購入できる立川口へ進む。

国営昭和記念公園 立川口 チケット購入

有料区画へ入園するために「立川口」でチケットを購入。

満開シーズンの日曜日12時付近の人混みがこちら。

ここで心折れる人もいると思います。

ただ、中に入ってしまえば分散するのでしばしの辛抱。

列に並んで10分程でチケットを購入

入園すると沿道にはとても綺麗なチューリップが咲いてます。

ここから有料区間の園内をご案内します。

国営昭和記念公園 ふれあい広場

立川口から徒歩約5分程の「ふれあい広場」に到着。

桜が満開でお出迎え。

この辺の桜は間近で桜を楽しめます。

(その分人混みですが、、、)

手が届くのでお子さんなんかは喜びますね。

もちろん、インスタ映えも狙えます。

国営昭和記念公園 ふれあい橋

昭和記念公園のパンフレットにも使われているホットスポット。

橋の右も左も満開の桜の景色が楽しめます。

橋の下に降りて、川沿いを歩く。

青い空と桜。

夜にはライトアップもされて、夜桜も楽しめるようです。

沿道には菜の花も咲いていて、コントラストがとても綺麗。

国営昭和記念公園 花木園売店 ソフトクリーム

入園後の桜の歓迎ですっかり時間が経ってしまった。

ちょっと小腹がすいた頃に売店を発見。

ふむふむ。

オーソドックスなソフトクリームから、

期間限定のソフトクリームまで揃えてるのね。

「桜餅ソフト」をチョイス。

(期間限定に弱い、、、)

味は爽やかな桜味。

もち米の粒が入ってて、少し粘り気があって不思議な食感。

「苺あまおうソフト」はコーンからプレミアム。

桜もきれいだし、いうことなし。

 

「花木園売店」を調べる>>

 

途中途中でチューリップが登場。

目を飽きさせない工夫がされている広大な公園だ。

国営昭和記念公園 サイクリングコース

園内にはサイクリングロードが完備。

桜吹雪の中のサイクリング

サイクリストにとっては、なんて最高な響き。

園内を周遊する際は都度駐輪が必要だが、

レンタルサイクルもあるので興味がある方はぜひ。

レンタサイクルは借りた場所に返す

というルールがあるので借りる場所には注意が必要。

国営昭和記念公園 みんなの原っぱ

その名の通り、一面原っぱ。

代々木公園よりも広く感じた。

ファミリーのテントがたくさん張られて、

  • 凧あげ
  • サッカー
  • しゃぼんだま
  • 野球

思い思いに春を満喫していた。

ここなら子供を思いっきり遊ばせてあげられるだろう。

国営昭和記念公園 桜の園

園内で一番の桜スポットに到着。

一面桜で埋め尽くされている光景は圧巻。

上野公園よりは空いており、間を縫って歩ける。

複々線化後の小田急線の乗車率くらい

といったところか。

背が低い桜の下はかなり混雑してるので、

こういった場所でお花見をしたい方は早朝がおすすめです。

国営昭和記念公園 原っぱ東花畑

桜の園を抜けると菜の花畑が出現。

一転して一面が黄色で埋め尽くされる。

まるで北海道の菜の花畑にいるような感覚

都心の公園では楽しめないスケール。

国営昭和記念公園 こもれびの里

古民家が保存されているゾーン。

生田緑地の日本民家園と同じ類だが、

スケールはこちらの方が大きい。

昔、狛江にあった古民家が寄贈されたとのこと。

古民家の移送ってどうやってやるんだろう。

昔ながらの暮らしが再現されている。

里の中にある桃の花がとても綺麗。

昔の日本の生活を垣間見れるゾーンだった。

国営昭和記念公園 原っぱ中央売店

お腹が空いてきたので、原っぱ中央売で腹ごしらえをすることに。

うどんが桜色になっている限定商品

さくらかき揚げうどんをチョイス。

(季節限定に弱い、、、)

売店に関しては季節で入れ替わるそうなので、

毎回違った出会いを楽しめるのもいいですね。

また、季節限定でバーベキューガーデンも開催されるとのこと。

 

「バーベキューガーデン 」を調べる>>

 

夏にはバーベキューもいいかも。

ここまで大体3~4時間有料区間で満喫。

そろそろ桜もお腹いっぱいなので周辺も巡ることに。

国営昭和記念公園 IKEA

高松口から園外にでると目の前にあるIKEA。

前に読んだ本によると、

IKEAは世界各国のローカルの間取りを調査し、

それに合わせてレイアウトを決めているとのこと。

ディスプレイ方法はやはり北欧スタイル。

入口から出口まで導線設計が一本なので、

一通り見て出てきたときには1時間半が経過。

ちょっと楽しむつもりだったのにへとへと、、、

そんな人用にネット販売も対応。

 

Amazonで「IKEA」の商品を調べる>>

楽天で「IKEA」の商品を調べる>>

 

立川駅まで無料送迎バスも出ていて、至れり尽くせり。

この春は昭和記念公園で春を感じて、IKEAでお買物はいかがでしょうか?

お出かけの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-国内旅行
-,

error: Content is protected !!

© 2021 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5