国内旅行

【体験】アルバルク東京を観にアリーナ立川立飛で食い倒れしてきた(会場画像・動画付き)

「アルバルク東京」の試合観戦はどんな感じかな?アリーナ立川立飛の「フード」はどんな感じかな?

アルバルク東京の試合観戦を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること

「アルバルク東京」試合観戦の様子

※アリーナ立川立飛での試合

実際に「アルバルク東京」の試合をアリーナ立川立飛で観戦した経験をベースに書いています。

  • アルバルク東京 基本情報
  • アルバルク東京 スタンド
  • アルバルク東京 フード

についてまとめました。

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

アルバルク東京 アクセス

アルバルク東京」はBリーグに所属するプロバスケットチームです。

東京都立川市の立川立飛(たちかわたちひ)にある「アリーナ立川立飛」がホームアリーナです。

「アリーナ立川立飛」は多摩モノレール「立飛駅」から徒歩約1分の立地です。

目の前には「ららぽーと立川立飛」があり、アルバルク東京ともコラボしていました。

バスケの試合だけでなく試合前後にショッピングも楽しめるアリーナです。

以下、試合当日の様子となります。

アルバルク東京 アリーナ立川立飛

「アリーナ立川立飛」は普段体育館として利用されています。

しかし、Bリーグ試合開催日には「アルバルク東京一色」となります。

アリーナ立川立飛のゲートの先ではアルバルク東京のロゴとマスコットが出迎えてくれます。

入場するとアルバルク東京の選手があしらわれた「タペストリー」がお出迎えしてくれました。

「フォトスポット」が充実しており、各所で「アルバルク東京ならでは」の写真が撮れます。

この日は「鬼滅の刃」とのコラボが開催されており子供達が大はしゃぎで写真撮影していました。

「アルバルク東京」好きな大人はもちろん、ふらっと子連れでも楽しめるスポットでした。

アルバルク東京 座席

アリーナ立川立飛の座席は「アリーナ席」と「二階席」が用意されています。

  • アリーナ席は「間近でバスケの迫力を体感したい方向け」
  • 二階席は「気軽にバスケの試合や雰囲気を楽しみたい方向け」

となっています。

チケット価格は「二階席」の方が「アリーナ席」より手頃となっています。

アリーナ席エリアと二階席は入口で完全に分かれています。

二階席のチケットではアリーナ席エリアには入場できません。

フロア部分にショップがあり、全席種で満喫できるのは嬉しいポイントです。

アルバルク東京は試合前の選手紹介も作り込まれていてとてもかっこよかったです。

お気に入りの選手のグッズを手に入れて試合前から楽しむのも良いかもしれません。

 

楽天市場で「アルバルク」のグッズを見てみる>>

Amazonで「アルバルク」のグッズを見てみる>>

 

続けて、各カテゴリーの座席について説明します。

アルバルク東京 アリーナ席

アリーナ席はクッション性のある簡易椅子となっているようでした。

ゴール裏席もあり、アルバルク東京のブースター(ファン)が陣取る座席となっていました。

続いて「二階席」について説明します。

アルバルク東京 二階席

二階席は「プラスチック製」の座席となっています。

そこまで固すぎず、特にストレスに感じることはありませんでした。

「バスケ専用体育館」なので二階席とコートとの距離が近く試合の臨場感は十分楽しめます。

また座席上部にはアルバルク東京の選手横断幕が貼られています。

アルバルク東京は試合前の演出が充実しているので早めにアリーナへ行くと楽しめます。

「二階席」からのコートの眺めとイベントの様子を動画にまとめました。

 

もしよろしければ「座席選び」の参考にしてみてください。

アルバルク東京 フード

アルバルク東京のアリーナはキッチンカーが充実していました。

試合毎に出店するキッチンカーが変わるようでした。

訪問日は4台のキッチンカーが出店しており、メインからデザートまで揃っていました。

本格的な窯で焼き上げる「ワンハンドピッツア」は味はもちろん、熱々で美味しかったです。

大きいサイズのターキーレッグは食べ応え抜群でした。

「ディズニーランドより大きいですよ」とお兄さんの呼び込みでついつい購入してしまいましたが大正解でした。

ロングポテト(プレーン)も薄味でボリュームもありました。

室内の常設売店では「ダイスドッグ」が売られています。

こちら「定番のホットドッグ」といった見た目で、期待通りのお味でした。

立川にある「立飛ブルワリー」で醸造されたクラフトビールも販売していました。

ホットドッグとの相性抜群でした!

冬期でもアリーナ内は暖房が効いているのでビールも楽しめるのが嬉しいです。

アリーナ立川立飛は「デザート」も充実していました。

「ポップコーンを食べながらバスケ観戦」のように気軽にバスケを楽しめるアリーナでした。

冬期の試合の〆には「ホットコーヒー」もあります。

アルバルク東京は「お腹を空かしていくとフードも楽しめる空間」を提供してくれました。

アルバルク東京 まとめ

ここまで「アルバルク東京」の試合観戦についてまとめてきました。

  • アルバルク東京は「アリーナ立川立飛」を本拠地としている
  • アルバルク東京は「二階席とコートが近い」ので臨場感を楽しめる
  • アルバルク東京は「フード」が充実しているので食い倒れできる

アリーナ立川立飛はアルバルク東京の試合はもちろんフードが充実していました。

試合前の演出も完成度が高く、目の前にららぽーともあるので子連れの方でも楽しめるスポットでした!

大人から子連れまで幅広い年代で楽しめるプレイスポットだと思います。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

都内のアリーナ情報はこちら。

【体験】サンロッカーズ渋谷を観に「青山学院記念館」へ行ってきた(座席写真・動画付き)

続きを見る

神奈川県のアリーナ情報はこちら。

【体験】とどろきアリーナは「川崎」を満喫できるスポットだった(座席動画付き)

続きを見る

【体験】横浜国際プールはバスケ観戦ができる不思議スポットだった(座席動画あり)

続きを見る

スポンサーリンク

-国内旅行
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5