スタジアム巡り(J.LEAGUE)

【歩旅】フロンタウン生田は大人も子供も楽しめる育成施設だった

「フロンタウン生田」はどんな感じかな?子連れでも楽しめるかな?

フロンタウン生田への訪問を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること

「フロンタウン生田」の様子

実際に「フロンタウン生田」を訪問した経験をベースに書いています。

  • フロンタウン生田 基本情報
  • フロンタウン生田 グラウンド
  • フロンタウン生田 施設

についてまとめました。

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

フロンタウン生田 アクセス

フロンタウン生田」は神奈川県川崎市にある総合施設です。

川崎フロンターレ」が運営する総合施設で育成下部組織の拠点となっています。併設する施設が充実しており公園もあるので多くの人で賑わうスポットです。

JR「中野島駅」小田急「生田駅」から徒歩約15分の立地となっています。

フロンタウン生田には駐輪場もあるので自転車で訪問することもできます。

「土渕」というバス停が最寄りとなっており、バスでもアクセスすることが可能です。

同じバス停から「東京ヴェルディ」の練習場「ヴェルディグラウンド」へもアクセスできます。

続いて、フロンタウン生田の内部について説明します。

フロンタウン生田 グラウンド

フロンタウン生田は「川崎フロンターレ」の育成下部組織グラウンドが主な施設です。

Anker」のスポンサードによって設立された設備となっており、モニュメントがありました。

メイングラウンドは人工芝となっており、照明灯が完備されていました。

グラウンド脇からは歴代フロンターレ出身選手が壁面からユース選手たちを見守っていました。

グラウンドの外周はぐるっと一周でき、ランニングコースにもなっていました。

簡易観客席もあり、試合日には開放されることもあるそうです。

隣にはジュニア年代の子達が利用する人工芝グラウンドがもう一面ありました。

川崎フロンターレサポーターはもちろん、サッカーファンにはたまらない空間となっていました。

続いて、フロンタウン生田の施設について説明します。

フロンタウン生田 施設

フロンタウン生田には様々な設備が併設されています。

「フロンタウン生田」は川崎フロンターレのグラウンド以外の設備もあります。公園はもちろん、体育館やテニスコートに加え保育所まで併設されています。

フロンタウン生田内はぐるっと周回できるようなつくりになっています。

正面入口は「公園の入口」ともなっており、多くの子供連れで賑わっていました。

大きめの遊具もあり、未就学児から小学生まで幅広い年代の子どもが遊べる公園でした。

施設内を周回するジョギングコースの起点は公園内にあり、地元の方が走っていました。

地面はクッション性のある素材となっており、子どもが転んでも大丈夫なようになっていました。

所々に川崎フロンターレを感じるポイントがありました。

テニスコートもあり、予約をすれば誰でも借りられるとのことでした。

体育館も予約制でレンタル可能だそうです。

保育園も併設されており、体育などに特化したコースの案内が貼ってありました。

自動販売機や手洗い場もあるので子連れも手ぶらで訪問できます。

以上、フロンタウン生田を訪問した際の様子でした。

フロンタウン生田 まとめ

ここまで「フロンタウン生田」についてまとめてきました。

  • フロンタウン生田はJR「中野島駅」小田急「生田駅」から徒歩約15分
  • フロンタウン生田は「川崎フロンターレ」の育成下部組織拠点
  • フロンタウン生田は「併設施設」で子供と楽しめる

フロンタウン生田は子供はもちろん、大人も満喫できるスポットでした。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

 

川崎フロンターレの情報はこちら。

チーム情報
【体験】川崎フロンターレはJ屈指の地元密着型クラブ

続きを見る

等々力陸上競技場の情報はこちら。

スタジアム情報
【体験】等々力競技場は「川崎」が溢れたスポットで子連れでも安心(座席動画付き)

続きを見る

川崎フロンターレのチャントについてはこちら。

応援チャント
【応援】川崎フロンターレチャント集(歌詞・音源付き)

続きを見る

スポンサードリンク

-スタジアム巡り(J.LEAGUE)
-, ,

error: Content is protected !!