J.LEAGUE

【体験】Jリーグ初心者がFC東京のホームゲームを観戦したら最高だった

「FC東京」の試合観戦はどんな感じかな?初心者でも楽しめるかな?

FC東京の試合観戦を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること

「FC東京」試合観戦の様子

※味の素スタジアムでの試合

実際に「FC東京」の試合を味の素スタジアムで観戦した経験をベースに書いています。

  • FC東京 基本情報
  • FC東京 イベント
  • FC東京 フード

についてまとめました。

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

FC東京 基本情報

「FC東京」はJリーグに所属するプロサッカーチームです。

1999年にJリーグへ加盟した東京都初のJクラブで「都民のためのJクラブを目指す」という思いで「FC東京」という名前になりました。プロ化前は「東京ガスフットボールクラブ」が母体であった為「ガス」やユニフォームカラーから「青赤軍団」等が愛称となっています。

FC東京は代表歴のある選手が多く在籍し、Jリーグ観戦初心者でも馴染みやすいクラブです。

長友選手、森重選手、永井選手等が新旧代表選手が所属し、松木選手等の若手も所属しています。

東京都調布市にある「味の素スタジアム」をホームグラウンドにしています。

味の素スタジアムは京王線「飛田給駅」から徒歩約5分の立地で都心からもアクセス可能です。

味の素スタジアムへの「アクセス方法」「座席情報」に関してはこちらにまとめました。

【体験】味の素スタジアムは駅アクセスも観戦環境も快適(座席動画付き)

続きを見る

スタジアム内の眺望をまとめた動画も掲載しているので「座席選び」の参考にしてみてください。

以下、FC東京主催試合当日の様子となります。

FC東京 味の素スタジアム

FC東京主催のJリーグ試合開催日には味の素スタジアム周辺は「FC東京一色」となります。

FC東京の主催試合では「試合開始1時間半前」に一般開場となります。

最寄駅からスタジアムまでの道中はFC東京のフラッグが両脇に掲げられていました。

FC東京主催試合開催時は味の素スタジアムのゲートは「青赤カラー」に装飾されます。

入場するとFC東京マスコット「東京ドロンパ」のバルーンがお出迎えしてくれました。

FC東京主催試合開催時はゴミ箱も「青赤」で統一されていました。

味の素スタジアム内にはFC東京のグッズショップもあるので覗いてみてください。

サポーターの皆さんは想い想いのウェア、キーホールダー等アクセサリー類やタオルマフラーなどの応援グッズをご持参いただいております。

皆さん、青赤のタオルマフラーを身につけているのが印象的でした。

お気に入りの選手のグッズを手に入れて試合前から楽しむのも良いかもしれません。

ネットでもグッズの取り扱いがあったみたいなので興味のある方は調べてみてください。

楽天市場で「FC東京」のグッズを見てみる>>

Amazonで「FC東京」のグッズを見てみる>>

続いて、FC東京主催試合開催時の「イベント」について説明したいと思います。

FC東京 イベント

FC東京主催試合開催時は試合前からイベントが実施されることがあります。

試合前に「DJを招待した企画イベント」や「選手紹介など常設イベント」等、試合前後で楽しませてくれる演出が色々と準備されています。

FC東京のナイトゲーム時には光の演出があり、初心者の方でも楽しむことができます。

もちろんサッカーの試合自体も楽しめます。

間近でプロサッカー選手の迫力あるプレーを楽しむことができます。

試合後は選手達が場内を一周するので時間のある方は自席で待ってみてください。

味の素スタジアムは音響も良いので、ぜひ現地で体感してみてください。

続いて、FC東京主催試合開催時の「フード」について紹介します。

FC東京 フード

FC東京の主催試合では場内外にフードエリアが出現します。

またスタジアム内でビールの売り子さんが巡回するので自席にいてもビールが楽しめます。

以下、場外フードエリア「青赤パーク」の詳細となります。

FC東京 青赤パーク

FC東京主催試合開催時の「青赤パーク」というフードエリアが解放されます。

入場前に直接行くことも、入場後に「再入場券」を受け取ってアクセスすることも可能です。

「東京ドロンパ出現イベント」が実施される際は東京ドロンパと青赤フィールドで触れ合えます。

「EL CAMION」さんではFC東京オリジナルビールが販売されています。

「FC東京ビール」をはじめとする数種類のクラフトビールが楽しめます。

天王洲にある「T.Y.HARBOR BREWERY」とのコラボレーション店舗です。

苦すぎず、軽すぎないお味だったのでフードと一緒に楽しみやすいビールでした。

FC東京の主催試合といえば「肉山さん」のローストビーフ丼が一押しです。

特製のすりおろしオニオンソースをかけて食べる一品は絶品です。

完全に数量限定販売なので事前予約、または整理券をもらって購入してください。

「黒い和食のHOTDOG」さんはその名の通り、和風のホットドッグを取り扱うお店です。

スペシャリティ・ホットドッグセットは黒いバンズにさっぱりとした野菜がのって美味しいです。

味はもちろん、ホットドッグは食べやすいので女性の方も喜んでいました。

アウェーチームにゆかりのあるキッチンカーが出店することもあります。

この日は「神戸キッチン」さんのキッチンカーが来ていました。

試合開始前には売り切れになってしまう「牛すじカレー」はまろやかな味のカレーでした。

ドライカレーは少し辛いですが目玉焼きと一緒に食べると絶妙なハーモニーでした。

「日比谷松本楼キッチンカー」さんもビーフカレーを提供しています。

こちらはマイルドなビーフカレーでお子さんでも楽しむことができるお味でした。

自家製カスタードプリンが絶品なので、ぜひ食べてみてください。

玉子焼き専門店「つきぢ松露」さんの「青赤松露サンド」はFC東京コラボ商品となっています。

のり味と唐辛子があり、のり味はマヨネーズが効いているのでお子様でも食べられる味でした。

唐辛子は少し辛いので大人の方向けのサンドとなっています。

玉子焼き専門店ならではの技術が使われた「プリン」も見逃せませんでした。

まろやかな口あたりと甘すぎないお味が絶妙でした。

「みるくせーき」もプリン同様、マイルドな口当たりで美味しかったです。

焼き芋専門店「芋やす」さんの「焼き芋サンド」も衝撃的でした。

美味しいお芋が丸々入っているのはもちろん、生クリームたっぷりで絶品でした。

デザートなのにメインにもなりうるボリューム感でした。

FC東京 コンコース売店

場内は味の素スタジアムのコンコース売店がオープンします。

東京ヴェルディ」の主催試合でも楽しめる「タコデリオ」さんのフライドタコスです。

プレーンなフライドポテトなどもあるのでおつまみを調達する際はコンコースが便利です。

FC東京主催試合開催時は「お腹を空かしていくとフードを満喫できる空間」でした。

続いて、FC東京主催試合開催時の「キッズコーナー」について紹介します。

FC東京 キッズコーナー

FC東京は子供向けの企画イベントが開催されることがあります。

訪問日は「青赤夏祭り」が「あじぱんだ広場」で開催されました。

試合開始2時間前からイベントが開催され、子供向けにお菓子を配布されていました。

キッズ向けのバルーンも出ており、長蛇の列ができていました。

試合情報だけでなくイベントの最新情報もチェックしてスタジアムを訪問してみてください。

FC東京 まとめ

ここまで「FC東京」の試合観戦についてまとめてきました。

  • FC東京は「味の素スタジアム」を本拠地としている
  • FC東京は「イベント」が充実しているので試合観戦以外も楽しめる
  • FC東京は「フード」が充実しているので食い倒れできる

FC東京主催試合開催時はフードが充実しているので試合観戦以外でも満足度が高かったです。

有名選手も多く在籍しており観戦初心者の方でも安心です。また、試合前後のイベント演出もあるのでサッカーの試合以外での楽しみがある点も馴染みやすいです。

コアなJリーグファンからライトなファンまで幅広い層で楽しめるプレイスポットだと思います。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

味の素スタジアムへの「アクセス方法」「座席情報」に関してはこちら。

スポンサーリンク

-J.LEAGUE
-,

error: Content is protected !!

© 2022 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5