国内旅行

【体験】横浜Fマリノスはキッズにも大人にも快適空間提供してくれるクラブ

「横浜Fマリノス」の試合観戦はどんな感じかな?初心者でも楽しめるかな?

横浜Fマリノスの試合観戦を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること

「横浜Fマリノス」試合観戦の様子

※日産スタジアムでの試合

実際に「横浜Fマリノス」の試合を日産スタジアムで観戦した経験をベースに書いています。

  • 横浜Fマリノス 基本情報
  • 横浜Fマリノス イベント
  • 横浜Fマリノス フード
  • 横浜Fマリノス キッズエリア

についてまとめました。

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

横浜Fマリノス 基本情報

横浜F・マリノス」はJリーグに所属するプロサッカーチームです。

1992年に「日産自動車サッカー部」を前身として「横浜マリノス」として創設されました。「マリノス(Marinos)」はスペイン語で「船乗り、水夫、海兵隊員」などを指します。1999年、横浜フリューゲルスを吸収合併した際に「F」がチーム名に入りました。Jリーグ創設時からの加盟チーム(オリジナル10)の一つで降格経験がありません。

横浜Fマリノスは代表歴のある選手も在籍し、Jリーグ観戦初心者でも馴染みやすいクラブです。

神奈川県横浜市にある「日産スタジアム」をホームグラウンドにしています。

最寄り駅はJR横浜線「小机駅」で徒歩約7分の立地です。

JR「新横浜駅」徒歩約14分、横浜市営地下鉄「新横浜駅」徒歩約12分でアクセスも可能です。

日産スタジアムへの「アクセス方法」「座席情報」に関してはこちらにまとめました。

【体験】W杯決勝の舞台「横浜国際総合競技場」は広くて快適(座席動画付き)

続きを見る

スタジアム内の眺望をまとめた動画も掲載しているので「座席選び」の参考にしてみてください。

以下、横浜Fマリノス主催試合当日の様子となります。

横浜Fマリノス日産スタジアム

横浜Fマリノス主催試合開催日には日産スタジアム周辺は「横浜Fマリノス一色」となります。

日産スタジアムのゲートは「トリコロールカラー」になっていました。

日産スタジアムの目の前にグッズショップもあるので覗いてみても良いかも知れません。

サポーターの皆さんは想い想いのウェア、キーホールダー等アクセサリー類やタオルマフラーなどの応援グッズをご持参いただいております。

皆さん、トリコロールカラーのチームフラッグを持参しているのが印象的でした。

ネットでもグッズの取り扱いがあったみたいなので興味のある方は調べてみてください。

Amazonで「横浜F・マリノス」のグッズを見る>>

楽天市場で「横浜F・マリノス」のグッズを見る>>

続いて、横浜Fマリノス主催試合開催時の「イベント」について説明したいと思います。

横浜Fマリノス イベント

横浜Fマリノス主催試合開催時は試合前からイベントが実施されることがあります。

有名アーティストが応援ソングを歌っていたり「さすがのチーム力」を感じる演出が色々と準備されています。また、ナイトゲーム時はデイゲームと違った演出もあるので比較しても楽しいです。

試合開始前は神奈川県出身の「ゆず」が歌うサポーターズソングが流れます。

横浜Fマリノスの選手紹介前にはチームヒストリームービーが流れ、サポーターを盛り上げます。

横浜Fマリノスの選手紹介は作り込まれており、かっこよかったです。

ハーフタイムにはMINMIさんの応援ソングでタオルを掲げて盛り上がります。

デイゲームでも迫力があるのですが、ナイトゲームになると演出の雰囲気がガラッと変わります。

スタジアム全体が「トリコロールカラー」にライトアップされて幻想的な雰囲気です。

また、ナイトゲーム前のスタジアム照明を使った演出は圧巻でした。

横浜Fマリノスはデイゲーム、ナイトゲームで違った演出を楽しめます。

日産スタジアムは音響も良いので、ぜひ現地で体感してみてください。

続いて、横浜Fマリノス主催試合開催時の「フード」について紹介します。

横浜Fマリノス フード

横浜Fマリノス主催試合開催時にはゲート内外にフードエリアが解放されます。

スタジアム内では「コンコース」で飲食店が営業します。

暑い時期にスタジアムで飲む「ビール」はスタジアムの空の抜け感も相まって最高でした。

スタジアム外の「キッチンカー」でも飲料の提供があるのでどちらで購入しても楽しめます。

続いて、日産スタジアムの東ゲートにあるフードエリアについて説明します。

横浜Fマリノス 日産スタジアム 東ゲート

日産スタジアムの東ゲートには「トリコロールランド」というエリアが出現します。

イベント開催やメインフードエリアともなっており、多くのサポーターが行き交う広場です。

「メディトリーナさん」の「金のから揚げ」は揚げたてアツアツで味も最高でした。

豚丼もボリューム満点で味だけでなく、胃袋も大満足でした。

デザートは栃木県とちおとめ生産者の「ベリーズベリーさん」のキッチンカーを覗いてみました。

全ての具材が盛り盛りで写真映えも食べ応えもする贅沢スイーツは必見です。

生地にワッフルを利用し、美味しいイチゴとバナナとチョコがミックスして美味しかったです。

冷えたナイトゲームの際は「横浜もつ肉店」のもつ煮込みが最適です。

でっかい大根が味が染みていて絶品でした。

スマイリークレープリーさんのハンバーガーも見逃せません。

「黒毛和牛ハンバーガー」は硬めのバンズを使っているので持ち運びがしやすかったです。

続いて、日産スタジアムの西ゲートにあるフードコーナーについて説明します。

横浜Fマリノス 日産スタジアム 西ゲート

日産スタジアムの西ゲートにもフードエリアがあり、驚きの充実度でした。

出店数の多さから横浜Fマリノスの「フード」に対する本気度を感じます。

試合開催日によって出展内容は変わりますが定番のお店もあるのでいくつかご紹介します。

「コルポデラストレーガさん」では本格イタリアンが楽しめます。

ポルケッタはトロトロのお肉が口に入れるととろけて、脂もしつこくなくて美味しかったです。

アリスタはローストポークでさっぱりとしているのに食べ応えがあって美味しかったです。

キッズボックスもあり、ゼリーも入っていて子供が大喜びでした。

「南蛮屋さん」ではウィンナーコーヒーを提供していました。

こだわりのコーヒーはオールシーズン楽しめます。

横浜Fマリノス主催試合開催時は「お腹を空かしていくとフードを満喫できる空間」でした。

横浜Fマリノス キッズエリア

横浜Fマリノスは「子供が遊ぶ仕掛け」が至る所に用意しています。

訪れた試合ではコンコースに「キッズエリア」が設置されていました。

また横浜国際総合競技場の上層席エリアに「赤ちゃん休憩室」を開放していました。

ピッチサイドでは「迷路」が試合開始前からハーフタイムまで開放されていました。

女性スタッフの方たちが可愛いイラストを描いたテープで子供達の相手をしてくださりました。

場所を提供していただけるだけで感謝なのですが、女性スタッフの方達がご親切にしてくださったので大感謝でした!

子供はもちろん、子供の相手ばかりで試合観戦できなかった親御さんも少し休まる空間でした。

子連れでも試合観戦をみんなで楽しめる空間を提供してくれました。

ファミリーの方はぜひ試合前に「当日実施予定のイベント」を調べて訪問してみてください。

横浜Fマリノス まとめ

ここまで「横浜Fマリノス」の試合観戦についてまとめてきました。

  • 横浜Fマリノスは「日産スタジアム」を本拠地としている
  • 横浜Fマリノスは「イベント」が充実しているので試合観戦以外も楽しめる
  • 横浜Fマリノスは「フード」が充実しているので食い倒れできる
  • 横浜Fマリノスは「キッズエリア」が充実しているので子供も大喜び

横浜Fマリノスはフードもキッズエリアも充実しており、試合観戦以外でも満足度が高かったです。

有名選手も在籍しており観戦初心者の方でも安心です。また、試合前後のイベント演出もあるのでサッカーの試合以外での楽しみがある点も馴染みやすいです。

コアなJリーグファンからライトなファンまで幅広い層で楽しめるプレイスポットだと思います。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

日産スタジアムへの「アクセス方法」「座席情報」に関してはこちら。

【体験】W杯決勝の舞台「横浜国際総合競技場」は広くて快適(座席動画付き)

続きを見る

スポンサーリンク

-国内旅行
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5