スタジアム巡り(J.LEAGUE)

【体験】サッカー専用スタジアムの「埼玉スタジアム」は観戦環境抜群(座席動画付き)

「埼玉スタジアム2002(以下、埼玉スタジアム)」でのサッカー観戦はどんな感じかな?子連れでも大丈夫かな?

埼玉スタジアムでサッカー観戦を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること

「埼玉スタジアム」でサッカー観戦する際の様子

実際に「埼玉スタジアム」でサッカー観戦してきた経験をベースに書いています。

  • 埼玉スタジアム 基本情報
  • 埼玉スタジアム 座席
  • 埼玉スタジアム 施設

についてまとめました。

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

埼玉スタジアム アクセス

「埼玉スタジアム」は埼玉県さいたま市内にある国内最大のサッカー専用スタジアムです。

「2002FIFAワールドカップ」に合わせて2001年に開場した「サッカー専用スタジアム」です。日本国内のサッカー専用スタジアムで最大の「63,700人収容」でJリーグ「浦和レッズ」の本拠地となっており、サッカー日本代表の試合も開催されます。

徒歩の場合、最寄駅の埼玉高速鉄道「浦和美園駅」から徒歩約20分の距離です。

試合開催日は浦和美園駅からは「埼玉スタジアム直通」のシャトルバスも出ています。

「往路のみ」の運行で「北ゲート(浦和レッズホーム側)」のバス停まで約6分です。

試合開始前はピストン運行でひっきりなしにバスが来ますが長蛇の列となります。

子連れの方は試合開始にゆとりを持ってバス利用を検討してみてください。

また、埼玉スタジアム周辺には駐輪場があるので自転車で行くこともできます。

浦和美園駅からの徒歩の場合について紹介します。

浦和美園駅の駅構内はラッピング装飾がされており「浦和レッズ一色」でした。

また、駅改札口を出ると正面に「キャプテン翼」のステンドグラスが一面に広がっています。

世界中のサッカーファンにとってはたまらない歓迎です。

浦和美園駅の駅舎にはサッカーのレリーフが施されており所々にサッカー愛を感じる場所です。

埼玉スタジアムへのアクセスは広い一本道を進むだけなので迷いません。

距離表示が1km以上あるので少し長く感じますが整備された道なのでベビーカーでも大丈夫です。

歩道の出口のゲートが出てきたら埼玉スタジアムはもうすぐそこです。

広大な敷地に埼玉スタジアムの全景を確認できます。

埼玉スタジアムには「ベビーカー置き場」があるので小さいお子さん連れでも安心です。

男性用トイレにも「おむつ交換台」がついているので便利でした。

以下、内部の様子となります。

埼玉スタジアム 浦和レッズ

埼玉スタジアムはJリーグ「浦和レッズ」の本拠地です。

Jリーグの試合開催日には等々力競技周辺は「レッズ一色」となります。

埼玉スタジアム内にグッズショップがあるので覗いてみてください。

「うまい棒」も浦和レッズ仕様となっていて驚きました。

サポーターの皆さんは想い想いのウェア、キーホールダー等アクセサリー類やタオルマフラーなどの応援グッズをご持参いただいております。

皆さん、浦和レッドダイヤモンズのフラッグを持っていらっしゃるのが印象的でした。

ネットでもグッズの取り扱いがあったみたいなので興味のある方は調べてみてください。

楽天市場で「浦和レッズ」のグッズを見る>>

Amazonで「浦和レッズ」のグッズを見る>>

続いて、埼玉スタジアムの「座席」について説明します。

埼玉スタジアム 座席

座席は「メインスタンド席」「バックスタンド席」「ゴール裏応援席」「アウェー応援席」です。

チケット価格は手頃な順に「ゴール裏 > バック > メイン」の場合が多いです。

各席種の特徴と眺望をまとめました。

席種 概要 眺望動画※YouTube
メインスタンド 間近でイベントとサッカーの迫力を体感したい方向け 眺望をみてみる
バックスタンド 間近でサッカーの迫力を体感したい方向け 眺望をみてみる

※バックアッパー層の眺望

ゴール裏応援席 応援の臨場感を楽しみたい方向け 眺望をみてみる
ゴール裏応援席(アウェー側) アウェーチームの応援を楽しみたい方向け 眺望をみてみる

※ゴール裏応援席と同じ

また、埼玉スタジアムは「メインとバックのみ屋根付き」なので席によっては雨対策が必要です。

ゴール裏座席には屋根がないので雨対策は必須です。

メインやバックの上層席は屋根でカバーされていますが下層席は一部雨が入り込みます。

座席では傘をさせないので「雨対策をばっちり」にする場合は雨ガッパを準備してください。

 

その他、観戦に必要な持ち物についてはこちらにまとめました。

【はじめてでも大丈夫!】サッカー観戦「持ち物の選び方」(全シーズン対応)

続きを見る

ご自身の席種に合わせて観戦準備の参考にしてみてください。

埼玉スタジアムの入口は二箇所あり席種によって入口が分かれています。

メインとアウェイサポーターは「南ゲート」を利用します。

「浦和レッズサポーター」が陣取るホーム側は「北ゲート」を利用します。

北ゲートは熱狂的な浦和サポーターが多いので「服の色」にも注意してください。

「アウェー側チームのチームカラー」は勘違いを招くので無用なトラブルを避けるのが無難です。

以下、埼玉スタジアムの各席の情報となります。

埼玉スタジアム メインスタンド席

埼玉スタジアムのメインスタンド席はピッチが見やすい構造になっています。

埼玉スタジアムのメインスタンド席は「間近でイベントとサッカーの迫力を体感したい方向け」の座席となっております。

メインスタンドはピッチを正面から楽しめるので、どの座席からも観戦しやすい造りでした。

ピッチとの間には溝がありますが最前列からはベンチの選手の声が聞こえる近さでした。

座席はプラスチック製で「ドリンクホルダー付き」なので便利です。

最前列の座席にもドリンクホルダーがついているのが嬉しいポイントです。

埼玉スタジアムのメインスタンドには屋根がありますが下層の前列付近はカバーされていません。

前列通路以降は屋根があるので雨の心配はグッと減ります。

36列目以降は屋根が二重になるので台風並みの雨でなければほぼ濡れる心配はありません。

この周辺の座席はシートもグレードアップされており、ゆったりと観戦するには最適でした。

メインスタンドのゴール裏との境界からはバックヤードをみることができます。

応援の臨場感を感じてみたい方はゴール裏よりの座席がオススメです。

続いて、埼玉スタジアムのバックスタンド席について説明したいと思います。

埼玉スタジアム バックスタンド席

埼玉スタジアムのバックスタンド席はメインスタンド同様にピッチと近い座席となっています。

埼玉スタジアムのバックスタンド席は「間近でサッカーの迫力を体感したい方向け」の座席となっております。

メインスタンドと比較して少しお得にチケットを購入できるエリアとなっています。

懸念事項はデーゲームの際に日差しを正面に受ける点です。

日焼け止めや帽子など日差し対策を万全にすることをオススメします。

 

埼玉スタジアムのバックスタンドにはメインスタンドと同じく「上層席」があります。

上層席へはエスカレーターで向かうことができます。

エスカレーターの先にもベビーカー置き場があるので子連れの方も安心です。

座席はカップホルダー付きで最前列の座席にもカップホルダーがありました。

階段付近の座席は一部ピッチが死角となる部分があるので注意してください。

続いて、埼玉スタジアムの応援席について説明します。

埼玉スタジアム ゴール裏応援席

埼玉スタジアムのゴール裏応援席はピッチと近い設計になっています。

ゴール裏応援席は「応援の臨場感を楽しみたい方向け」の座席となっております。

ピッチとの距離が近いのでシュートが飛び込んでくる可能性があるので注意してください。

ゴール裏応援席の下層部は「立ち見席」なので試合中は立って応援するエリアとなっています。

そもそも最前列は横断幕がかけられるので、座ったままだと少し視界が遮られます。

ゴール裏席には屋根はないので雨対策は必須となっています。

ゴール裏応援席の上層部は下層部に比べて角度がつくので試合がより見やすくなっていました。

ゴール裏応援席はカップホルダー付き座席となっています。

最後列の座席の後ろにはスペースがあるので子連れの方などは荷物が置けて便利です。

続いてアウェー応援席について説明します。

埼玉スタジアム アウェー応援席

埼玉スタジアムのアウェー応援席は南ゲート側の一角に設置されています。

アウェー応援席は「アウェーチームの応援を楽しみたい方向け」の座席となっております。

アウェー応援席には「緩衝地帯の柵」でホームのサポーターが入れないようになっています。

アウェーチームによって緩衝帯の場所が変わることもありますが「南側の一角」となります。

試合後にはアウェー選手達が挨拶に来てくれるエリアもこのエリアとなります。

ここまで説明してきた、埼玉スタジアムの各座席からの眺望を動画にまとめました。

座席選びの参考にしてみてください。

埼玉スタジアム 施設

埼玉スタジアムは「2002FIFAワールドカップ」の舞台となりました。

下層席エリアのコンコースにはミニミュージアムがあります。

埼玉スタジアムで試合をした選手達のサインが展示されており、有名選手のサインもありました。

サッカー日本代表のコーナーもあり、サッカーファンはゆっくり楽しめるスペースでした。

サッカーの試合前にぐるっとコンコースを回ってみて散策するのも楽しいかもしれません。

埼玉スタジアム サッカー まとめ

ここまで「埼玉スタジアム」でのサッカー観戦についてまとめてきました。

  • 埼玉スタジアムは「サッカー専用スタジアム」で国内最大収容人数
  • 埼玉スタジアムは「浦和レッズ」の本拠地

埼玉スタジアムはサッカー観戦環境も良く、子供向け設備もしっかりしているスタジアムでした。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

浦和レッズについてはこちら。

【体験】浦和レッドダイヤモンズはアジア屈指のビッグクラブ

続きを見る

浦和レッズの応援についてはこちら。

【体験】国立競技場のラウンジはフードも試合もゆったり楽しめる空間だった(座席動画あり)

続きを見る

スポンサーリンク

-スタジアム巡り(J.LEAGUE)
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5