ロードバイク旅

【輪旅】箱根峠を越えて境川サイクリングロード経由で帰京した(ルート付)

箱根峠越えってどんな感じかな?

自転車で箱根峠越えを検討しているヘ向けたブログです。

実際に自転車で走ってきた経験をベースに書いています。

  • 実走ルート(Google map)
  • 道中の様子を描いたブログ

を残しましたので、ぜひご利用ください。

では、今回のルートから説明していきます。

箱根 自転車 ルート

静岡県三島から箱根峠を越えて境川サイクリングロード経由で東京都へ抜けるルートです。

山あり&そこそこロングライドありのサイクリングには最適なバランスのいいルートになりました。

ただし、天気の良い日に行くことをオススメします。

項目 詳細
総距離 105.86 km
獲得標高(のぼり/くだり) 1,401 m / 1,336 m
消費カロリー 2,098 kcal
難易度
満足度

以下、旅の様子となります。

箱根 自転車 箱根峠

箱根峠を自転車で三島側登り始めると早速車道が狭くて恐怖を感じます。

しかも中腹に来ると霧で視界ゼロになるおまけ付でした。

登り始めから前後ライト点灯でしたが、車からの視界も悪いと判断し歩道を走行しました。

  • 基本、歩道も狭い
  • 歩道は整備されておらず、雑草で道がボコボコ
  • 途中、謎の石畳ゾーンが雨にぬれて完全にトラップ

という状態が10km以上続きました。

やっとの思いで山頂到達したのに、霧で視界ゼロの山頂でした。

箱根峠はここからが始まりで、圧倒的に下りの方がスリリングでした。

  • 15%以上の勾配
  • 霧で視界はゼロ
  • 路面は雨でウェット

と登りをはるかに凌ぐ、恐怖のコンディションでした。

箱根のダウンヒルの様子はこちら。

いつでも不測の事態に対応できるよう、ブレーキに指をかけた状態で力が入ってました。

腱鞘炎になりそうになりながら途中で手が離せない体験は「お遍路の太龍寺」以来の恐怖でした。

箱根湯本駅の麓にある橋に降りてきてやっとこさ休憩しました。

恐怖から解放され、思考停止状態で国道1号線を進みます。

箱根峠をおりると約10kmほど交通量が多いエリアとなります。

途中、運悪くパンクしたので写真がありません。

想定外の予備パーツの消費でルート変更をすることにしました。

国道1号線を逸れて「境川サイクリングロード」へ向かいます。

箱根 境川サイクリングロード

藤沢から国道1号線を逸れて北に伸びるサイクリングロードが「境川サイクリングロード」です。

車を気にせず、ただ漕げばいい至極シンプルで至福の時間でした。

雨の箱根峠を越え、パンクも乗り越えてやっと東京都まで戻ってきました。

この後、雨が激しくなり町田駅から輪行して帰宅することにしました。

最初から最後まで雨ばかりでしたが、本州横断して日本を体感できてよかったです。

箱根峠は逆ルートで三島から輪行で帰宅するのもありかもしれません。何より、箱根峠に行く際は天気予報を重視してください。身の危険を感じます。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

四国から東京までの本州横断旅、完。

 

四国から東京までの本州横断のまとめはこちら。

【輪旅】四国から東京まで自転車で本州横断してみた(ルート付)

続きを見る

スポンサーリンク

-ロードバイク旅
-, , ,

error: Content is protected !!

© 2022 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5