自転車旅

【体験】箱根峠を越えて境川サイクリングロード経由で帰京した

「箱根峠越えってどんな感じなのかなぁ」

「静岡側から登ったらどんな感じなんだろ」

自転車で箱根峠越えを検討しているへ。

  1. 1日の走行距離は100kmを目安
  2. 途中ちょい輪行
  3. 宿はホテルに宿泊

これで松山から東京まで約900km本州横断しました。

箱根峠越え&境川サイクリングロードを振り返り

実際に使ったナビルートを掲載しておきますので、

サイクリングの参考にしていただければ幸いです。

箱根 自転車 ルート

静岡県三島から、

箱根峠を越えて、

境川サイクリングロード経由で東京町田へ。

結論、バランスのいいルートになりました。

山あり、そこそこロングライドあり。

サイクリングには最適なルートになりました。

難易度
★★★★★
★★★★★
ぼんの満足度
★★★★★
★★★★★
総距離 105.86 km
獲得標高(のぼり/くだり) 1401 m / 1336 m
消費カロリー 2,098 kcal

箱根 自転車 箱根峠

三島側登り始めから車道は狭い。

中腹になるとこの霧で視界ゼロ。

勿論、前後ライト点灯。

それでも危険なので歩道を走行した。

また、この歩道が曲者で、、、

  • 基本狭い
  • 雑草で道がボコボコ塞がれてる
  • 謎の石畳ツルテカゾーン

の三重苦が10km以上続いた。

やっとの思いで山頂到達。

霧で景色はない。

ここからが始まりだった。

箱根峠は圧倒的に下りの方が危険。

  • 15%以上の急勾配
  • 霧で視界ゼロ
  • 路面は雨でウェット

登りをはるかに凌ぐ三重苦。

常にブレーキに手がかかった状態。

「腱鞘炎になったかも( ;´Д`)」

と途中で思っても手が離せない恐怖。

お四国太龍寺以来の恐怖だった。

峠は降りるまでが、峠越えですよ

という事を肝に銘じた。

箱根駅伝の選手達は尋常じゃない。

「なんでこんなところ走ってんだろう?」

って思ってる選手もいるだろうし。

そもそも何で峠を入れたんだろう?

きっと到底わからないので、

思考停止して国道1号線を進む。

箱根 自転車 国道1号線

峠を下ったあたりから暫く一本道。

この辺は交通量があるので注意。

10km程行くと大通りになる。

途中でパンクしたので写真はない。

修理をしていると、声をかけられた。

「大丈夫ですか??」

向かいの自転車屋さんだった。

空気入れを持ってきてくれたのだ。

(汚ったない手で触るのが申し訳ないな、、、)

と思って丁重にお断りした。

今思えば、感じ悪かったかもな、、、

「ありがとうございます!」

って借りとけばよかった。

境川サイクリングロード

藤沢から、北に伸びるサイクリングロード。

車を気にせず、ただ漕げばいい。

至極シンプルで至福の時間

やっと東京まで戻ってきた。

この後、町田駅から輪行して帰宅。

最初から最後まで雨ばっかりだった。

本州横断して日本を体感できてよかった。

そう思う旅でした。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

山あり、軽いロングライドあり

で結構楽しめるサイクリングルートでした。

逆ルートで三島から輪行で帰宅するのもありかも。

ぜひ、この周辺サイクリング楽しんでみてください。

皆さんも良い旅を!

スポンサーリンク

-自転車旅
-, ,

error: Content is protected !!

© 2021 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5