自転車旅

【体験】静岡の海岸沿いをひたすらつなげてサイクリングしたら快適だった

「静岡サイクリングってどんな感じなのかなぁ」

「海岸沿いの道はどうなってるんだろ」

静岡サイクリングを検討しているへ。

  1. 1日の走行距離は100kmを目安
  2. 途中ちょい輪行
  3. 宿はホテルに宿泊

これで松山から東京まで約900km本州横断しました。

静岡県の海岸沿いサイクリングを振り返り

実際に使ったナビルートを掲載しておきますので、

サイクリングの参考にしていただければ幸いです。

結論、静岡の海岸沿いは快適です。

国道1号線は自転車で行く場所じゃないです。

静岡 サイクリング ルート

藤枝付近から、

国道1号線と海岸沿い経由で、

三島まで走ってきました。

結論、静岡県の海岸沿いをつなげると快適。

相変らず国道1号線沿いは最悪でした。

難易度
★★★★★
★★★★★
ぼんの満足度
★★★★★
★★★★★
総距離 98.8 km
獲得標高(のぼり/くだり) 272m / 280m
消費カロリー -

※計測ミス

静岡 サイクリング 国道1号線

国道1号線沿いの内陸部は坂が多い。

交通量はバイパスに流れるので少ないのだが、

地味にキッツイ( ´Д)

こんなのがしばらく続く。

静岡 サイクリング トンネル

駿河付近はトンネルが続く。

間違えて突入しようものなら、

二度と出てこれないだろう。

高架を渡って、一つずつクリアする。

静岡の自転車旅は常に地図との戦い。

「あれ、おかしいな」

と思っていたら、

1km以上道を外れたこと多数。

違和感を感じたら、すぐ停止

これが静岡サイクリングの鉄則。

静岡 サイクリング バイパス

違和感を無視すると絶景に出会える。

サイクリングロードを行くはずが、

最大斜度28%の激坂登ってきた

雨が滝のように降り注ぐ。

「あれ、サイクリングロードか?」

入り口探したんだけどなぁ。

国道1号線は車ビュンビュンだし、

この雨じゃ見つかんないよ。

これぞ、静岡県の洗礼。

静岡 サイクリング 新富士川橋

全長1,553mの長い橋。

風速10m以上の風が横殴りでふく。

歩道から車道に叩きつけられそうで、

恐怖の橋渡りだった( ´Д)

晴れだったら景色いいんだろうな。

静岡清水自転車道

橋を抜けると海沿いの道。

防波堤が舗装された、自転車道に出る。

人通りもなく、路面状態も良い。

鏡みたいな路面はスピードが出る。

体感+5km/hくらいの効果。

泥水が顔と尻にかかり続けなけりゃ、

ずっとこういう道がいい。

なんか煙が見えてきた。

工場を抜けると再び何もなくなった。

海と雲の境目がわからない。

どんよりとした、灰色の世界を進む。

途中で自転車道は途切れるが、

続けて高架下などをくぐり沿岸道路を進む。

「晴れていれば、、、」

と何回思ったことだろう。

この区間は快適だっただけに余計思う。

そろそろ伊豆半島の果てが見える。

静岡 サイクリング やくみや

沼津オススメのラーメン屋さん。

静岡県在住の友人から情報収集済み。

地元の方がおススメするのもうなずけます。

近くまで行った際はおススメです。

ワンタンが入っているラーメン。

スープは醤油ベースであっさり。

麺は細麺でサッパリいただける。

噂に違わぬ美味しさだった。

 

食べログで【やくみや】を予約する>>
 

静岡 サイクリング 三島

「はるばる静岡までいらっしゃい」

色々静岡の情報をくれていた、

友人のマンションにお邪魔する。

ベランダから見える景色が絶景。

晴れた日は富士山が見えるらしい。

前の川に滝があるってすごいよね。

ドーミーイン三島

三島駅前にある天然温泉宿。

温泉宿だったのでチョイスしました。

自転車を止めるスペースありません。

泣く泣く、雨の中の外に駐輪しました。

宿泊費(参考) 7,290円

(シングル1泊)

食事 なし

※周辺に飲食店多数

風呂
  • 大浴場
  • 露天風呂
  • サウナ
設備 コインランドリー
接客
★★★★★
★★★★★
ぼんの満足度
★★★★★
★★★★★
立地 三島駅徒歩5分

Googleマップで確認する>>

近隣に食事処もあり、

お部屋もとてもきれいでした。

コインランドリーもあり、洗濯もできる。

駐輪場さえあれば完璧でした。

 

 

Agodaで【ドーミイン三島】の価格を確認する>>
Expediaで【ドーミイン三島】の価格を確認する>>

 

 

いかがでしたでしょうか?

静岡清水自転車道と沼津までの沿岸道路は快適

なので、晴れていれば松原周辺は最高だったと思います。

雨は自転車旅を台無しにする。

国道1号線沿いはとにかく走りにくいので回避が賢明。

ぜひ、皆様はいいとこどりで良い旅を!

スポンサーリンク

-自転車旅
-,

error: Content is protected !!

© 2021 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5