自転車旅

日本最北端の地「宗谷岬」へ自転車で行ってきた(北海道周遊)

宗谷岬周辺のサイクリングってどんな感じかな?

宗谷岬周辺へサイクリングを検討している方へ向けたブログになります。

  • ロードバイク2人旅
  • 1日100kmを目安
  • 宿泊は宿泊施設を利用(野宿はしない)

この条件で実際に北海道をぐるっと周遊してきました。

  • 実走時に利用したルート(Google Map)
  • 観光地や食事など各所の様子

についてまとめました。

ぜひ北海道でのサイクリングの際にお役立てください。

宗谷岬 サイクリング ルート

稚内から枝幸(えさし)までのルートです。

メインの日本最北端の地「宗谷岬」を経由します。

最終的には「カニの水揚げ量日本一」の枝幸を目指すルートです。

項目 詳細
総距離 118.6km
獲得標高(のぼり/くだり) 316m / 293m
難易度
満足度

宗谷岬 宗谷ヒストリーロード

今回は稚内から日本最北端の「宗谷岬」を目指して出発。

いよいよ「日本最北端の地」に行くんだ。

午後から雨予報だったので、朝6時ごろに宿を出る。

稚内から宗谷岬まで続く「宗谷ヒストリーロード」を進む。

朝の時間帯はほとんど交通量はない。

海岸線に少しせり出した部分を見ては心が高鳴る。

曇り空を眺めつつ、宗谷岬では晴れてほしいと願う。

宗谷岬

ついにこの地へ来た。

日本最北端の地「宗谷岬」に到着。

奇跡的にこのタイミングで日が差してきた。

宗谷岬は記念撮影で人の列ができていた。

ここまで全然人がいなかったのに。

自分たちの番が来たので、記念撮影をパチリ。

せっかくなので周囲をうろうろする。

周囲に「展望台」や食堂があった。

到着したのが朝早すぎて、まだ開いてなかった。

しばらく、海を眺めて宗谷岬を楽しむ。

うっすらと向こう側に島が見える。

小一時間ゆっくりして宗谷岬を去る。

宗谷岬 国道238号線

宗谷岬を出て、国道238号線を進む。

160kmほど興部町(おこっぺちょう)まで、ひたすら続く国道。

宗谷岬という旅のハイライトを終えたばかりで少しセンチメンタリーになる。

南下しはじめたし、この旅も折り返しだな、、、

と一抹の寂しさが出てきた。

連動するように昼過ぎに大雨が降ってきた。

「ポロ沼」や「クッチャロ湖」などを脇目に先を急ぐ。

宗谷岬 サイクリング 枝幸

カニの水揚げ量が日本一の街「枝幸(えさし)」に到着。

枝幸のスキー場近くにある「ホテルニュー幸林」をネットで予約していた。

雨の日が続きそうだったので、街のデパートで雨ガッパを購入。

チェックインを済ませて、大浴場へ直行する。

生き返るー

「観光→大雨→大浴場」のパターンが毎日続いてる。

この旅は「ライダーハウス」に宿泊する気満々で寝袋を携帯していた。

完全に事前のネット情報収集が甘かった。

  • 数十キロ毎にライダーハウスがあるので宿泊施設は安心です

という情報に踊らされた。

数十キロ毎にあるのは「日陰」か「道の駅」がいいとこ。

寝袋、もう使わないよね?

と相方と相談して、ホテルから自宅に寝袋を郵送することに。

この旅で一度も使うことのなかった寝袋。

ホテルのフロントで手続きを終える。

フロントの方が声をかけてくる。

夕食のカニを満喫してください!

そうだ。

俺らにはまだカニがあるじゃないか。

枝幸はカニの水揚げで有名な街。

カニ味噌たっぷりでうまーーーい!

立ち寄ってよかった。

宗谷岬で心を満たされ、カニでお腹も満たされて大満足。

ぜひ宗谷岬へ行く際は枝幸に立ち寄ってカニを食べてみてください。

 

つづく

【宿泊】実際に泊まってわかった北海道の宿泊事情(温泉|大浴場がある宿・11選)

続きを見る

スポンサーリンク

-自転車旅

error: Content is protected !!

© 2021 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5