自転車旅

「オトンルイ風力発電所」へサイクリングしてきた(北海道周遊)

オトンルイ風力発電所周辺のサイクリングってどんな感じかな?

オトンルイ風力発電所へサイクリングを検討している方へ向けたブログになります。

  • ロードバイク2人旅
  • 1日100kmを目安
  • 宿泊は宿泊施設を利用(野宿はしない)

この条件で実際に北海道をぐるっと周遊してきました。

  • 実走時に利用したルート(Google Map)
  • 観光地や食事など各所の様子

についてまとめました。

ぜひ北海道でのサイクリングの際にお役立てください。

オトンルイ風力発電所 サイクリング ルート

羽幌から稚内までのルートです。

メインは「オトンルイ風力発電所」沿いのオロロンルートとなっています。

項目 詳細
総距離 128.6km
獲得標高(のぼり/くだり) 422m/ 419m
難易度
満足度

オトンルイ風力発電所 オロロンライン

北海道最北端の街「稚内」を目指す。

熱い羽幌ナイト」のおかげで若干寝不足。

この日は午後から天気が崩れる予報で早朝に出発。

前後のライトを全開にして、遠別町周辺に到着。

前日と打って変わって、交通量がほとんどない。

怪しい雲を前方に捉えつつ、更にオロロンラインを北上していく。

オトンルイ風力発電所

北上するにつれ、段々と雲が厚くなってきた。

すれ違うバイクが増えてきたなー

と思っていたら右手に目的の「オトンルイ風力発電所」が出現した。

「オトンルイ」はアイヌ語で「浜にある道」という意味らしい。

「3.1 km」に渡り、合計28基の風力発電所が立ち並ぶ光景は圧巻。

いけどもいけども、風力発電所が立ち並ぶ。

すれ違うバイカーの人達とサムアップを交わしながら進む。

風力発電所の終着点「サロベツ原野パーク」で休憩。

すると雨がポツポツ降ってきた。

オトンルイ風力発電所 稚内

雨が降り始めたら「ザーザーぶり」になるのは一瞬だった。

結局、朝4時に出発して、雨からは逃れられなかったか、、、

途中「北緯45度モニュメント」などを横目に一目散に稚内へ。

天気が良ければ「宗谷岬」までいくことも検討していたが延期。

今日は稚内で一泊することにした。

大浴場のある南稚内駅の「稚内グランドホテル」に昼頃に到着。

まだ昼なので、チェックインまで時間がある。

お昼ご飯を食べながら待つことに。

最低限の着替えをして、外に出る。

目の前にあった居酒屋さんに入ってランチを食べることに。

何か北海道ならではで温まる食べ物が食べたいな、、、

ということでおすすめで出てきたのがこれ。

ジンギスカンが居酒屋で普通に出てくる。

鉄板もジンギスカン専用だし、さすが北海道。

お肉も臭みがなく、体が温まる。

稚内

北海道のジンギスカンを満喫し、宿に戻る。

ちょうどチェックインができる時間になっており大浴場に直行。

生き返った〜

大浴場で足を伸ばせるのは幸せ。

お風呂上がりにまだ時間があったので「稚内駅」まで。

「日本最北端の駅」など少し賑わいがある駅だった。

明日は宗谷岬だし、天気良くなるといいな。

そんなことを考えながら就寝。

 

つづく

【宿泊】実際に泊まってわかった北海道の宿泊事情(温泉|大浴場がある宿・11選)

続きを見る

 

オトンルイ風力発電所の様子はこちら。

スポンサーリンク

-自転車旅

error: Content is protected !!

© 2021 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5