国内旅行

【宿泊】横浜東急REIホテルは「みなとみらい」観光に便利な立地だった

「東急REIホテル」はどんな感じかな?横浜観光の拠点にできるホテルかな?

東急REIホテルに宿泊を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること


「東急REIホテル」の様子

実際に「東急REIホテル」に宿泊した経験をベースに書いています。

  • 東急REIホテル 基本情報
  • 東急REIホテル 館内の様子
  • 東急REIホテル 周辺情報

についてまとめました。

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

東急REIホテル アクセス

東急REIホテル」はみなとみらい線・新高島駅」から徒歩約2分の立地です

KT Zeep YOKOHAMA」の真横の建物なのでイベント参加に便利です。

横浜アンパンマンこどもミュージアム」へも徒歩約6分の好立地でした!

大人から子供まで「みなとみらいエリア」の観光にアクセス便利なホテルとなっています。

項目 詳細
食事 夕朝食なし
風呂
  • ユニットバス
その他設備
  • 無料Wi-fi
  • レストラン
  • バー
  • コアワーキングスペース
接客

※自動チェックイン対応

満足度
立地
  • みなとみらい線「新高島」徒歩約2分
宿泊費(参考) 7,000円 / 泊(一人あたり)

スタンダードツイン 利用

※宿泊当時の実費です。

ネット予約 Expediaで部屋を調べる>>

楽天トラベルで部屋を確認する>>

以下、宿泊した時の詳細となります。

東急REIホテル チェックイン

東急REIホテルは9Fにチェックインができる「レセプション」があります。

エントランスと9Fの壁面にはプロジェクションマッピングが投影されて幻想的な雰囲気です。

大人はもちろん、特に子供がプロジェクションマッピングには食いついていました。

レセプション専用マシンが用意されているので、自動チェックインができます。

他言語対応もしており、簡単にチェックインできました!

部屋の鍵は「カードキー」なので持ったまま観光地へ向かってもかさばりません。

9Fには他にも軽食が販売している売店やレストラン、コアワーキングスペースもあります。

各施設はもちろん、各客室フロアも清潔感があり部屋に入る前から気持ちが良いホテルでした。

続いて、部屋の内部について説明したいと思います。

東急REIホテル スタンダードツイン

今回は「東急REIホテル」の「スタンダードツイン」に宿泊しました。

落ち着いた雰囲気の色の家具で統一されており、清潔感があるお部屋でした。

枕元にコンセントがあるので、ベッドに座ったまま電源が取れるのも嬉しい設計でした。

また、東急REIホテルの部屋には快適なホテルステイに必要な設備は一通り揃っています。

テレビ・室内加湿器・湯沸かし器・冷蔵庫もあり、特に不便に感じる点はありませんでした。

続いて東急REIホテルのバスルームについて説明していきます。

東急REIホテル バスルーム

続いて、東急REIホテルのバスルームについて説明します。

バスルームにはユニットバスとなっており、タオルなど一式は置いてあります。

もちろん、シャンプー等のアメニティ一色も置いてあるのでご安心ください。

東急REIホテル まとめ

ここまで「東急REIホテル」についてまとめてきました。

  • 東急REIホテルは新高島駅から徒歩約2分
  • 東急REIホテルは「CT Zeep YOKOHAMA」「アンパンマンミュージアム」が徒歩圏内で便利
  • 東急REIホテルは清潔感があり気持ちの良いステイが可能

横浜の「みなとみらい」観光の拠点に適したお宿でした。

また、周囲に飲食店や売店も充実しているのでご飯を食べるにも困りません。

中華をテイクアウトして、快適なお部屋でゆっくりと家族ご飯もいいかも知れません。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

みなとみらいエリアの観光情報はこちら。

【体験】アンパンマンミュージアムで童心を思い出してきた(ショー、ジャムおじさんのパン工場も徹底解説)

続きを見る

【体験】カップヌードルミュージアムで世界の麺を食べてきた(カップヌードルアイスの味、マイカップヌードルファクトリー体験も解説)

続きを見る

横浜中華街寄りを中心に観光予定の方はこちら。

【宿泊】「ハイアットリージェンシー」に宿泊して横浜観光を満喫してきた(子供連れでも安心)

続きを見る

【観光】横浜にある「おもしろ水族館」が一風変わった趣向で楽しかった

続きを見る

スポンサーリンク

-国内旅行

error: Content is protected !!

© 2021 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5