自転車旅

【体験】自転車旅の聖地、しまなみ海道経由で尾道ラーメン食べてきた

「しまなみ海道ってどんな感じなのかなぁ」

しまなみ海道ヘ自転車で行くことを検討しているへ。

  1. 1日の走行距離は100kmを目安
  2. 途中ちょい輪行
  3. 宿はホテルに宿泊

これで松山から東京まで約900km本州横断しました。

しまなみ海道を経由して広島県福山へ向かうルートを振り返り

実際に走ったルートを掲載しておきますので、

サイクリングの参考にしていただければ幸いです。

しまなみ街道 自転車 地図

工程はシンプル。

今治を出発して、しまなみ海道を渡る。

渡り船で本州広島尾道駅へ。

その後、2号線をひたすら岡山方面へ。

しまなみ海道は意外とアップダウンがあります。

初心者の方は島で宿泊して1泊2日日程がおすすめです。

難易度
★★★★★
★★★★★
ぼんの満足度
★★★★★
★★★★★
総距離 101.18 km
獲得標高(のぼり/くだり) 1,367 m / 1,365 m
消費カロリー 2,059 kcal

しまなみ街道 自転車 来島海峡大橋

今治側から最初に渡る橋に到着。

全長4,105mもある大きな橋だ。

橋の入口付近までは平坦だが、

橋が近づくにつれて坂になる。

勾配6%~10%程の坂を登る。

高低差が地味に足にくる。

今日の天気は曇り。

瀬戸内海の朝。

雲の合間から朝日が差し込み幻想的。

しまなみ海道は日本初の海峡跨ぎサイクリングロードである。

全長は約70km、海の道である。

  • 伯方・大島大橋
  • 大三島橋
  • 多々羅大橋

を抜けて快調に進む。

朝イチなので交通量も少ない。

しまなみ街道 自転車 生口橋

残す橋も少なくなってきた。

1991年完成ということもあり、

橋の道の舗装は荒かった。

生口島は2通りの道がある。

  • ど真ん中突っ切って最短坂道
  • 海岸線沿いのんびり平坦道

まぁたかが知れてると前者を選択。

雑誌やテレビで、

初心者でも楽しめるしまなみ海道

って紹介されてたし。

勾配10%以上の坂道の洗礼

橋ごとに足は削られるし、

思ったよりヘロヘロだ。

しまなみ街道 自転車 因島大橋

しまなみ海道のハイライト。

カーブといい、橋の迫力といい。

絶好のフォトスポットで体力回復。

晴れ間も差してきていい感じ。

1,250mもある大橋。

橋の上までは急坂を登る。

船が小さく見える。

あっという間にサイクリング終了。

橋で登ったり下りたりを繰り返してたら、

結局、標高1,400m弱も獲得。

これ、初心者推奨コースか(。´・ω・)?

日本のサイクリストのレベルもなかなか。

本州へは渡船を使う。

橋を渡ったら尾道だ。

尾道城が見えてきた。

しまなみ街道 自転車 尾道駅

渡船降り場から程なくして到着。

とにかく、お腹が減った。

朝早く出すぎて島のお店は開店前。

しまなみ海道のカフェで一服

という作戦は失敗に終わっていた。

尾道ラーメンが食べたい。

有名店も朝からやってない。

どうしようと駅周辺をウロウロ。

駅の横ですぐに発見。

すかさず尾道ラーメンを注文。

昔ながらの中華そばの雰囲気。

  • 背脂が浮いた醤油ベースのスープ
  • 平打ち麺

が特徴の尾道ラーメン。

醤油ベースなので意外とあっさり。

シンプルだけど美味しい(*´∀`*)

腹ごしらえをしたら、再びサイクリング。

尾道 福山 国道2号線

尾道エリアを抜けると福山周辺まで2号線をすすむ。

途中に造船所があったりしたのに、

デジカメがバッテリー切れで、

1枚も写真がない、、、

交通量も多くて危険だし、

デジカメで写真も撮れないので福山駅で輪行。

岡山県倉敷駅までワープ。

ホテルアルファーワン倉敷

そのまま倉敷で宿泊。

美観地区の裏にある商店街のすぐそば。

観光にも便利、飲食店にも困りません。

宿泊費(参考) 6,800円

(シングル1泊)

食事 なし

※近くに飲食店多数

風呂 大浴場
設備
  • コインランドリー
  • 貸自転車
接客
★★★★★
★★★★★
ぼんの満足度
★★★★★
★★★★★
立地 倉敷駅より徒歩約4分

Googleマップで確認する>>

コインランドリーも問題なく使えて、

自転車は裏手の勝手口付近に置かせていただきました。

かなりいいビジネスホテルでした。

 

楽天トラベルで【ホテルアルファーワン倉敷】の価格を確認する>>
 

 

 

しまなみ海道は評判通りサイクリストの聖地でした。

景色、コースともに申し分なく楽しめました!

本州に渡った後の2号線は環境が劣悪なので、

しまなみ街道の余韻を残すなら尾道でやめとくのがベスト。

ぜひ良いサイクリングを!

スポンサーリンク

-自転車旅
-, , ,

error: Content is protected !!

© 2021 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5