ロードバイクアイテム選び

【ギア紹介】GIROのサイクリング用品は見た目もカッコよくて機能もバッチリ

GIROのサイクリング用品はどんな感じかな?デザインはどんなものがあるのかな?

GIROの自転車用品に興味のある方へ向けた記事になります。

この記事でわかること

GIROの自転車用品の特徴と使い心地
※シューズ、ヘルメットを紹介

実際にGIROの自転車用品を使った経験をベースに記事を書いています。

  • GIRO 概要
  • GIRO シューズ
  • GIRO ヘルメット

についてまとめました。

みなさんのギア選びの参考になれば幸いです。

GIRO

「GIRO」はアメリカ合衆国カリフォルニアに本社を置くスポーツ用品メーカーです。

GIROは1985年、元サイクリストのジム・ジェンテスさんが創立した企業で最初の製品はトライアスロン用ヘルメットでした。東京に「GIRO Studio TOKYO」というサイクリング用品専門店門店もあります。

サイクリング用品の他にもスキー、スノーボード用品も取り扱うスポーツ用品メーカーです。

以下、サイクル用品の詳細となります。

GIRO シューズ

「GIRO」の「サイクルシューズ」について説明します。

「SPD」と「SPD-SL」両方の取り扱いがあり、レース用から街乗り用まで幅広いデザインが揃っているのが特徴です。

個人的にはGIROの「街乗り用シューズ」のデザインが好きで愛用しています。

「革張り」タイプシューズはフォーマルな格好で通勤、お出かけをする際に重宝しています。

日本人の足の形に合わせて靴幅がワイドになっているのも良いポイントです。

合皮タイプのシューズもデザインがカッコよくて気に入っています。

しっかりとソールがあるタイプなのでSPDペダルが地面と干渉する心配が少ないです。

SPDシューズは歩く際に「ペンギン歩き」でカチャカチャと音が鳴り、長時間歩けません。

GIROのこのタイプのシューズはソール部分に厚みがあり、音も少なく普通の靴と同じです。

ライドだけでなく歩行も考慮されたアーバンライドを想定した設計となっている点が嬉しいです。

スニーカータイプのシューズもあり、デザインの幅があるのも「GIRO」の特徴です。

ネットで最新モデルのシューズが見られたので興味のある方はぜひ覗いてみてください。

楽天で「GIRO SPD シューズ」を見る>>

Amazonで「GIRO SPD シューズ」を見る>>

続いてGIROのヘルメットについて説明します。

GIRO ヘルメット

サイクリングを楽しむ際、ヘルメットは必需品です。

製品安全協会と日本安全帽工業会はヘルメットの有効期間を『購入後3年間』と定めています。ヘルメットの耐久性を考慮し、定期的に買い換える必要があります。

私も定期的に買い替えはしているのですが毎回GIROに行き着いてしまいます。

毎回、決め手になるのはヘルメットの「フィット感」です。

GIROはアジア人の頭の形状を考慮した「アジアンフィット」と呼ばれるサイズを準備しています。

他のメーカーのヘルメットも試してみたのですが一番しっくりくるのがGIROのヘルメットでした。

ただ、 GIROはヘルメットのデザインも豊富なので色々悩んでしまいます。

ネットで目星をつけてから、サイクルショップで実際にフィッティングするのがオススメです。

楽天市場で「GIRO ヘルメット」を見る>>

Amazonで「GIRO ヘルメット」を見る>>

他のギアと比較すると買い換え頻度が高いギアではないので、じっくりと選んでみてください。

ぜひお気に入りの一品を探してみてください。

GIRO まとめ

GIROについてまとめてきました。

  • 「GIRO」はアメリカのメーカー
  • 「GIRO」のシューズはワイドタイプもあり、何よりデザインが豊富
  • 「GIRO」のヘルメットは「アジアンフィット」がある

GIROはデザインが豊富なので「ギアを選ぶ時間も楽しい」ブランドだと思います。

ご自身に合ったギアを見つけ、より良い自転車ライフをお楽しみください。

みなさんのギア選びの参考になれば幸いです。

 

「SPD」と「SPD-SL」の違いについてはこちら。

【初心者の方向け】ビンディングシューズの選び方(SPD、SPD-SLそれぞれ解説)

続きを見る

スポンサーリンク

-ロードバイクアイテム選び
-,

error: Content is protected !!

© 2022 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5