自転車旅

夕張メロン食べにサイクリングしてきた(北海道周遊)

夕張周辺のサイクリングってどんな感じかな?

夕張周辺でサイクリングを検討している方へ向けたブログになります。

  • ロードバイク2人旅
  • 1日100kmを目安
  • 宿泊は宿泊施設を利用(野宿はしない)

この条件で実際に北海道をぐるっと周遊してきました。

  • 実走時に利用したルート(Google Map)
  • 観光地や食事など各所の様子

についてまとめました。

ぜひ北海道でのサイクリングの際にお役立てください。

夕張 サイクリング ルート

千歳から読めない地名「占冠(しむかっぷ)」へのルート。

経由するメロンの産地で有名な「夕張」が観光のハイライト。

夏の炎天下での国道274号線の峠越えが歯応えありました。

項目 詳細
総距離 99.7km
獲得標高(のぼり/くだり) 1,410m / 1,124m
難易度
満足度

夕張 サイクリング 千歳

空港が近くにある千歳。

昨日サイクリングロードを楽しんだ「支笏湖(しこつこ)」を中心に観光地が色々ある。

支笏湖方面のサイクリングの様子はこちら。

洞爺湖から支笏湖まで北海道を代表する湖をサイクリングで梯子してきた(北海道周遊)

続きを見る

カルビー千歳工場」でポテトチップスの製造工程見たかったな、、、淡水魚に特化した「さけのふるさと千歳水族館」も気になってたのに、、、

観光地巡りもそこそこに「夕張」を目指す。

「夕張メロン」は「ひと玉・数千円」が相場でブランド化している。

 

今日はこれが現地で食べられる。

北海道の夕張で「夕張メロン」を食べるのだ。

これくらい楽しみにしていた。

夕張

メロンで有名な夕張に到着。

いざ、到着すると新夕張駅前は郵便局が一番目立ってる。

なんか、、、想像していたのと、、、違う?

もっと「夕張」「メロン」を前面に打ち出しているかと思ってた。

そもそもお昼時なのに飲食店が閉まってる。

一軒一軒、店内を覗きながら「メロン」を探す。

唯一開いていた「ファミリーレストランメイプルタウン」に入店。

「夕張メロン(一切れ)500円」を注文。

みずみずしくて、甘味もあって、うまーーい!

手前の店が閉まってた時は、最悪夕張のメロン農家さんに飛び込む覚悟だった。

大満足でお会計を済まして店を出る。

改めて新夕張駅前の閑散とした景色を眺める。

実際に夕張に来るまでは、

ひと玉数千円もする高級メロンで街は潤ってて、至るところメロン御殿なんだろうな

なんて想像していた。

美味しいメロンを作ってくれる農家さんに感謝して、先を目指す。

夕張 サイクリング 国道274号線

夕張を出ると国道274号線の登りをひたすら進む。

前方に5〜6人の男女グループのチャリダーを発見。

自転車に「鍋」やら「キャンプ道具」がぶら下がっている。

どうやら学生さん達がキャンプツーリングをしているようだ。

ただ、なぜか炎天下の登りで全員止まっている。

こんにちわー

通りざまに声をかける。

どうやら女の子の自転車がパンクしてしまった様子。

それを直してあげてる男の子の構図。

(青春だなーーーーー!!!)

と夕張の中心で哀を叫ぶ。

それ以上声がけするのも野暮ってもん。

干からびそうになる炎天下の中、登り坂を登っていく。

夕張 サイクリング ホクレンフラッグ

やっとこさ、占冠(しむかっぷ)周辺に到着。

獲得標高は1,400mくらいなのにもうヘロヘロ。

ただでさえ貧脚なのに、北海道は広大すぎて影がないので直射日光がきつい、、、

ホクレンのガソリンスタンドを発見したのですかさず入る。

我々は既に「北海道中部エリア」に入ったのだ。

「ホクレンレッドフラグ」をゲット!

ついでに宿もネットで予約してゲット!

今日は占冠村で一泊することにした。

占冠村ショッピングモール

フラッグも宿もゲットしたし、次は腹ごしらえ。

占冠村はコンパクトな街で飲食店・ホテルが一ヶ所にまとまってる。

「占冠村ショッピングモール」でエネルギー補給。

昼ごはんもそこそこだったので、とにかくお腹が空いていた。

肉フレーク丼を秒で完食。

カレーライスを追加で注文。

ふと、さっきの学生さん達が脳裏をよぎる。

今頃、あのキャンプ道具で「今日は昼間パンク直してくれてありがとう」なんて言いながら一緒にカレーライスとか作ってるんだろうなぁーーーー!!

と哀が声に出る。

店主のおじさんが怪訝そうにこちらを伺っていた。

アラサーの男2人が丼に丼を重ねて注文して、なんか哀愁漂ってる

地獄絵図だよな、おっちゃん。

あ、ご飯は普通に美味しくいただきました。

そんなこんなで占冠村の夜が更けていったのでした。

 

つづく。

【宿泊】実際に泊まってわかった北海道の宿泊事情(温泉|大浴場がある宿・11選)

続きを見る

スポンサーリンク

-自転車旅
-, , ,

error: Content is protected !!

© 2021 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5