J.LEAGUE

【体験】ベガルタ仙台は統率の取れた応援が楽しい東北クラブ

「ベガルタ仙台」の試合観戦はどんな感じかな?初心者でも楽しめるかな?

ベガルタ仙台の試合観戦を検討している方へ向けた記事となります。

この記事でわかること

「ベガルタ仙台」試合観戦の様子

※ユアテックスタジアム仙台での試合

実際に「ベガルタ仙台」をユアテックスタジアム仙台で観戦した経験をベースに書いています。

  • ベガルタ仙台 基本情報
  • ベガルタ仙台 イベント
  • ベガルタ仙台 フード

についてまとめました。

皆さんのお出かけの参考にしていただければ幸いです。

ベガルタ仙台 基本情報

「ベガルタ仙台」はJリーグに所属するプロサッカーチームです。

1999年にJリーグへ加盟した「ベガルタ仙台」は仙台市を中心とした宮城県全域をホームタウンとするクラブです。1988年創部「東北電力サッカー部」が前身です。

ベガルタ仙台は代表歴のある選手も在籍し、東北を代表するサッカークラブです。

宮城県仙台市にある「ユアテックスタジアム仙台」をホームグラウンドにしています。

最寄り駅は仙台市地下鉄「泉中央駅」で徒歩約4分の立地です。

ユアテックスタジアム仙台への「アクセス方法」「座席情報」に関してはこちらにまとめました。

【体験】全座席屋根付「ユアテックスタジアム仙台」はピッチも近く快適(座席動画付き)

続きを見る

スタジアム内の眺望をまとめた動画も掲載しているので「座席選び」の参考にしてみてください。

以下、ベガルタ仙台主催試合当日の様子となります。

ベガルタ仙台ユアテックスタジアム仙台

ベガルタ仙台試合開催日にはユアテックスタジアム仙台周辺は「ベガルタ仙台一色」となります。

ユアテックスタジアム仙台への道中には「選手のノボリ」が並んでいました。

ユアテックスタジアム仙台にはベガルタ仙台のグッズショップもあるので覗いてみてください。

グッズショップはスタジアム内外にありました。

サポーターの皆さんは想い想いのウェア、キーホールダー等アクセサリー類やタオルマフラーなどの応援グッズをご持参いただいております。

皆さん、ベガルタ仙台のレプリカユニフォーム着用率が高いのが印象的でした。

クラブマスコットの「ベガッ太」と「ルターナ」のぬいぐるみもありました。

ネットでもグッズの取り扱いがあったみたいなので興味のある方は調べてみてください。

楽天市場で「ベガルタ仙台」のグッズを見てみる>>

Amazonで「ベガルタ仙台」のグッズを見てみる>>

続いて、ベガルタ仙台主催試合開催時の「イベント」について説明したいと思います。

ベガルタ仙台 イベント

ベガルタ仙台試合開催時は試合前からイベントが実施されることがあります。

試合中はもちろん、試合前にクラブマスコットや応援アンバサダーによるパフォーマンスがある日もあり試合前からスタジアムに行って楽しめる演出があります。

ベガルタ仙台には「ベガッ太」という名物マスコットがいます。

独特な雰囲気を醸し出すマスコットでなぜか目で追ってしまう癖になる存在です。

ベガッ太はたまにアウェーでも会場を盛り上げているところを目撃します。

また、応援アンバサダーは地元アイドルも含まれておりバラエティに富んでいます。

また、選手達がホーム側応援席のすぐ脇から入場するのでスタジアム全体が盛り上がります。

応援チャントもシンプルで親しみやすく、サポーターの統率が取れているので心地よいです。

両チームの選手が入場する際は「カントリーロード」の合唱があります。

歌詞を覚える必要がないので誰でも参加できる形なので誰でも参加でき一体感を生んでいました。

他にも試合日によって違うイベントがあるので事前にチェックしてみてください。

続いて、ベガルタ仙台主催試合開催時の「フード」について紹介します。

ベガルタ仙台 フード

ベガルタ仙台試合開催時にはゲート内外にフードエリアが解放されます。

スタジアム内の座席に売り子さんが巡回してきてくれるのでビールを購入することができます。

暑い時期にスタジアムで飲む「ビール」はスタジアムの空の抜け感も相まって最高でした。

カップもベガルタ仙台専用なのもファンにとっては嬉しいです。

続いて、ユアテックスタジアム仙台の北側ゲートにあるフードエリアについて説明します。

ベガルタ仙台 ユアテックスタジアム仙台 北側ゲート

ユアテックスタジアム仙台の北側ゲートにキッチンかーエリアが出現します。

イベント開催やメインフードエリアともなっており、多くのサポーターが行き交う場です。

続いて、ユアテックスタジアム仙台のコンコースのフードについて説明します。

ベガルタ仙台 ユアテックスタジアム仙台 コンコース

ユアテックスタジアム仙台のコンコースには売店が出店します。

選手プロデュースのフードコーナーもあったので立ち寄ってみました。

クラブのレジェンド「梁勇基(リャンヨンギ)」選手のすき焼き弁当をチョイスしました。

宮城県産のお肉は美味しく、ボリュームもあったのでお腹が満たされました。

売店には「肉巻きおにぎり」もあったのでついつい追加で購入してしまいました。

スタジアム定番のモツ煮は少しピリ辛でビールが進みました。

ビールのカップはブルーバージョンもあるのでぜひコンプリートしてみてください。

ベガルタ仙台の試合は「お腹を空かしていくとフードを満喫できる場所」でした。

ベガルタ仙台 まとめ

ここまで「ベガルタ仙台」の試合観戦についてまとめてきました。

  • ベガルタ仙台は「ユアテックスタジアム仙台」を本拠地としている
  • ベガルタ仙台は「イベント」が充実しているので試合観戦以外も楽しめる
  • ベガルタ仙台は「フード」が充実しているので手ぶらでもOK

ベガルタ仙台はイベント、フードも楽しめるコンテンツを提供しています。

ユアテックスタジアム仙台もピッチとの距離が近いのでサッカー好きの方も楽しめます。

皆さんの旅の参考になれば幸いです。

 

ユアテックスタジアム仙台への「アクセス方法」「座席情報」に関してはこちら。

【体験】全座席屋根付「ユアテックスタジアム仙台」はピッチも近く快適(座席動画付き)

続きを見る

スポンサーリンク

-J.LEAGUE
-,

error: Content is protected !!

© 2022 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5