ブログ

二郎系!蓮爾(はすみ)登戸店で『蓮えびラーメン』を食す

登戸の気になる行列店へ行ってきました。

蓮爾(はすみ)登戸店

登戸駅から歩いて15分ほどの場所。

多摩川の神奈川県側にあるお店。

サイクリングする際に見かけて、

気になっていた行列店に遂に訪問。

平日開店30分前なら余裕だろう(`・ω・´)

と思っていたらこの有様。

平日なのに15人以上並んでた。

開店時には33名に列は伸びていた。

独特のローカルルールがあったので、

ポイントを押さえてプレイバック。

食券を買う

ちょうど店内に入れる人数から漏れ、

店員さんに入口で待つよう言われる。

このラーメン屋さん。

とにかく怖い店員さん(´Д`)

北斗の拳の悪役顔の店員さんがズラリ。

5分ほどで食券を買うよう呼ばれる。

声出したら殴られるんじゃないか?

緊張感で震える手を抑え、食券を購入。

小蓮えびラーメン 900円

を選択。

ここでローカルルールが発動。

ビギナーは「大」を注文できない

こちらのお店、

とにかく麺の量が多い(´゚д゚`)

どれくらい多いかというと、

  • ミニ:麺200g
  • 小:麺370g ※普通サイズ
  • 大:不明

来店した、北斗の拳のハート様みたいな大柄の外国人は強制的に小にさせられてた。

ひでぶ(´;ω;`)

食券伝言ルール

初見殺しのローカルルール。

伝言ゲームで後列が食券を買うシステム

は来店時に必ず留意しておくべし。

食券を買ったら、一度列に戻って自分の後ろの人に声をかける

何度も呟いて、お店に行こう。

30分後にようやく席が空き、

強面の店員さんに店内へと呼ばれる。

小蓮えびラーメン

席に着くと、みんな何やら呪文を唱えてる。

アブラニンニクマシマシ

一体全体何のことかかがわからない。

壁の張り紙を見る。

どうやら、トッピングの呪文のようだ。

周りをドキドキしながら観察。

「ヤサイ」「アブラ」「ニンニク」等が注文可の様だ。

油とにんにくは欲してなかったので、

ヤサイウズラ

を唱えた。

小蓮えびラーメンウズラ 1,000円

「ウズラ」は着席後のみ受付

列に並んで1時間、ようやくご対面。

ボリューム満点(´゚д゚`)

横から見るとこんな感じ。

正に「次郎系ラーメン」といった様相。

ボリュームたっぷりのチャーシュー

エビのエキスが効いたスープ

全くスープを吸う気配がない極太麺

シャキシャキのモヤシ

このモヤシが絶妙に美味しかった(*´ω`*)

チャーシューとスープが絡んで最高。

極太麺の代わりにモヤシでいい

と本気で思った。

(強面の店員さんの前では絶対言えない)

再来時はミニサイズにして楽しみたい。

ちなみに隣の高校生は、

極太麺にやられて、ギブアップ宣言。

10代胃袋をKOする極太麺(;'∀')

恐るべしボリュームだった。

お前はもう、死んでいる満腹だ。

アクセス

【蓮爾(はすみ)登戸店】

  • 小田急登戸駅 徒歩15分
  • 小田急向ヶ丘遊園駅 徒歩10分

スポンサーリンク

-ブログ
-,

error: Content is protected !!

© 2021 BON BON VOYAGE Powered by AFFINGER5